三国志

程昱(程立) 優れた智謀を備え、曹操の危機を救った軍師の生涯

程昱ていいくは曹操に仕えて活躍した軍師です。 曹操が初期の拠点とした兗えん州の出身で、この地が呂布に奪われかけた際に防衛に活躍し、曹操が反抗に転じる契機を作り出しました。 また、軍勢を率いて活躍することもあるなどなど、文武両道の...
2019.06.09
三国志

荀攸 曹操を中原の覇者に押し立てた名軍師の生涯

荀攸じゅんゆうは曹操の軍師として活躍した人物です。 呂布や袁紹との戦いで優れた智謀を示し、曹操が中原を制する上で大いに貢献しました。 自分の功績を誇らない慎ましやかな性格で、その点も曹操から高く評価されています。 一方で、...
2019.06.09
三国志

曹洪 曹操に仕えて活躍するも、曹丕に処刑されそうになった将軍

曹洪そうこうは曹操や曹丕に仕えた武将です。 際だった働きはなかったものの、各地の戦いで安定して戦果をあげました。 やがて魏の高官に登りつめるのですが、曹洪は蓄財を好んでおり、それでいてケチだという性格でした。 そのせいで皇...
2019.06.09
三国志

曹仁 周瑜や馬超、関羽にも勝利した、知勇兼備の名将

曹仁そうじんは曹操に仕えて活躍した武将です。 騎兵の指揮が得意で、別動隊を率いて各地で戦功を立てました。 そして周瑜に重傷を負わせ、馬超を打ち破り、関羽を撃退するという、優れた実績をいくつもあげています。 曹操軍の...
2019.06.09
三国志

夏侯淵 騎兵を率いて活躍するも、黄忠に討たれた武将の生涯

夏侯淵《かこうえん》は曹操の挙兵に参加し、生涯に渡って仕えた重臣です。 騎兵の指揮を得意としており、食糧輸送や、各地の反乱討伐で活躍しました。 特に騎兵戦が多くなる涼州の討伐で真価を発揮し、馬超や韓遂を打ち破って平定に成...
2019.06.09
三国志

夏候惇 曹操から友人であることを望まれた、忠良な武将の生涯

夏候惇《かこうとん》は曹操に仕え、重んじられた人物です。 戦場で左目を射られて失ったことから、隻眼の武将として知られています。 演義では猛将というイメージをつけられていますが、史実では戦いは不得意で、内政や軍の統括といっ...
2019.06.09
三国志

「治世の能臣、乱世の奸雄」と曹操が評されたワケ

曹操《そうそう》は若い頃に「治世の能臣、乱世の奸雄《かんゆう》」だと評されています。 これは「世が平和に収まっている時は有能な臣下として働くが、乱世になるとずる賢い英雄になるだろう」という意味です。 褒めているのか、けなしている...
2019.06.09

荀彧 曹操の元で王佐の才を発揮するも、自害に追い込まれた悲運の宰相について

荀彧(じゅんいく)は曹操に仕えてその覇道を支えた名臣です。 若い頃からその秀でた人格と才能を知られており、「王佐の才」の持ち主であると賞賛されていました。 荀彧は戦略の立案や領地の統治、人材の推挙など、多方面に渡って活躍し、曹操...
2018.04.18
三国志

曹操はどうして官渡の戦いで袁紹に勝利できたのか?

三国志の時代、西暦200年に曹操と袁紹は官渡(かんと)の地で決戦を行い、曹操が勝利を収めました。 この時の兵力は曹操が4万で、袁紹が10万であり、圧倒的に袁紹が有利な情勢でした。 しかし袁紹の陣営は人材が多いもののまとまりを欠い...
2018.04.18