三国志

曹真 諸葛亮の侵攻を抑えた魏の将軍

曹真そうしんは字を子丹したんといい、曹操の甥です。 父の曹邵しょうは忠誠心と才能を備えていたために、曹操から信任されていました。 やがて曹操が挙兵すると、曹邵は徒党を募ってつき従い、活躍します。 しかし豫よ州刺史ししの黃琬...
三国志

曹休 呉との戦いで活躍した曹操の甥

曹休そうきゅうは字を文烈ぶんれつといい、曹操の甥です。 天下が動乱に見舞われると、曹氏の一族はばらばらになって郷里から立ち去りました。 曹休は十代で父を失い、食客とともに亡骸をかついで仮に埋葬をすると、年老いた母を連れて長江を渡...
三国志

曹彰 武勇に秀でるも、才能を発揮しきれなかった曹操の子

曹彰そうしょうは字あざなを子文しぶんといい、曹操の子供として誕生しました。 曹丕が兄で、曹植が弟です。 生年は不明となっています。 若い頃から弓術や馬術が得意で、筋力が人並み外れて優れていました。 そして猛獣と格闘す...
三国志

曹沖 曹操の後継者になりかけた、早熟な天才少年

曹沖そうちゅうは字あざなを倉舒そうじょといい、曹操の子供として196年に誕生しました。 幼い頃から聡明で、理解力が秀でており、五、六才の頃には大人と同じように頭を働かせることができるようになっていました。 早熟の、天才的な少年だ...

李典 一族を率いて曹操に仕えた、文武両道の将軍

李典りてんは曹操に仕えた将軍で、政治家でもありました。 学問を好む性格で、兵を指揮する際には後方支援の任務が多かったのですが、優れた洞察力と判断力を備えていたため、前線任務に携わるようになります。 そして各地で戦功を立て、将軍位...
三国志

郭嘉 神のごとき智謀を備え、曹操の理解者だった軍師の生涯

郭嘉かくかは曹操に仕えて活躍した軍師です。 呂布や袁氏との戦いにおいて優れた策を立て、曹操を勝利に導きました。 情勢の見通しが常に的確で、孫策の死を予言したことでも知られています。 曹操は郭嘉に後事を託すつもりでしたが、若...
三国志

典韋 曹操を守って戦死した、怪力無双の勇将

典韋てんいは曹操に仕え、親衛隊長として活躍した武将です。 並外れた腕力を備え、戟ほこをふるって敵をなぎ倒し、戦場で活躍しました。 強いだけでなく、忠誠心が強く、慎み深い性格で、曹操から信頼されます。 宛えんで曹操が張繡しゅ...
三国志

張遼 呂布や曹操に仕え、合肥の戦いで活躍した猛将の生涯

張遼ちょうりょうは呂布や曹操に仕えた将軍です。 武勇によって取り立てられ、各地の賊の討伐で活躍しました。 合肥がっぴが孫権の率いる十万の大軍に攻められた際には、わずか八百人の兵で果敢に立ち向かい、思う存分にけちらして、孫権軍の士...
三国志

任峻 曹操に仕え、屯田を実施して食糧の増産と輸送に活躍した人物

任峻じんしゅんは挙兵した曹操に早くから仕え、信任を受けた人物です。 曹操の領地が飢饉に瀕した時期に、食糧の増産を担当し、倉庫を穀物で満ちるほどに生産力を高めました。 そして戦時には物資の輸送を円滑に行うことで、曹操の覇業を支えて...
三国志

梁習 曹操に仕え、并州を治めた知勇兼備の人物について

梁習りょうしゅうは後漢の末期から三国時代において、并へい州を統治した政治家です。 并州は戦乱によって荒れ果てており、国境には異民族が住んでいたことから、治めるのが難しい土地でした。 梁習は政策と軍事力を柔軟に用いることで、并州の...