家紋

新田

足利尊氏の家紋「二つ引両」の由来と歴史について

足利尊氏たかうじは室町幕府を開いたことで知られる人物ですが、家紋は「二ふたつ引両ひきりょう」を使っていました。 【足利二つ引両】 これは「引両紋《ひきりょうもん》」に分類されており、円の中に横線が入る、シンプルな形象の紋...
2018.04.18
天皇家

天皇家の家紋・菊の御紋の由来について

天皇家の紋章は「菊の御紋」ですが、鎌倉時代に後鳥羽《ごとば》上皇が用いたのが、その起源であるとされています。 【天皇家の菊花紋章】 上皇は鍛冶を好んでおり、全国から名工を集めて仕えさせ、常に身近なところで刀を作らせていま...
2018.04.18