思想家

福井藩

橋本左内 将来を嘱望されながらも、安政の大獄で散った志士の生涯

橋本左内は幕末に福井藩の医者の子として生まれ、適塾で蘭学(オランダ由来の西洋学問)を習得した人物です。 若年の頃より優れた知性を備えており、世界情勢に通じ、幕末において日本の取るべき道を示した思想家としても活動しています。 やが...
2018.06.15
水戸藩

藤田東湖 尊皇攘夷を唱え、水戸藩を改革した思想家の生涯について

藤田東湖は幕末において、西洋諸国の脅威をいち早く認識し、水戸藩の改革を行った思想家です。 先駆的に新しい情勢に対応するための活動を行っていたため、ペリーの来航後には、幕政にも参与するに至っています。 そして尊王攘夷を説く「回天詩...
2018.04.18
幕末

吉田松陰 松下村塾を開き、長州藩の変革を促した思想家の生涯について

吉田松陰は幕末に思想家・教育者、そして革命家として活動した人物です。 日本が西洋諸国から圧迫を受け、いずれは植民地にされてしまうのではないかと危惧された状況下で、いち早く国体を変革するための思想を打ち立てました。 それは徳川幕府...
2018.04.18
幕末

佐久間象山 幕末に洋学の第一人者として活躍した、天才学者の生涯について

佐久間象山(しょうざん)は幕末に活躍した洋学者であり、思想家です。 ペリーの来航以前から洋式軍艦を備え、海岸に大砲を設置することを献言するなど、時代の先を読む能力を備えていました。 やがて江戸に塾を開き、吉田松陰や勝海舟、坂本龍...
2018.04.18