毛利

戦国時代

小早川隆景 「毛利の両川」として、元就や輝元を支えた名将の生涯について

小早川隆景は毛利元就の三男として生まれ、毛利氏の勢力の拡大と維持に大きく貢献した人物です。 水軍を統括して厳島の戦いなどで活躍した他、外交や統治面でも優れた働きを見せています。 天下人となった豊臣秀吉からは為政者として大きな評価...
2018.04.18
戦国時代

毛利元就はどうして厳島の戦いで陶晴賢(隆房)に勝利できたのか?

毛利元就は1555年に厳島で陶晴賢(すえはるかた)の大軍と戦い、これを討ち破りました。 元就はこの時、晴賢の4分の1程度の戦力しか持っていませんでしたが、巧みな戦術によって勝利しています。 この戦いをきっかけに毛利氏は飛躍し、や...
2018.04.18
戦国時代

石田三成はどうして関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れたのか?

石田三成は豊臣秀吉の死後、豊臣政権を守るために徳川家康に戦いを挑みます。 そして10万を超える軍勢を集めることに成功し、関ヶ原で家康と、有利な状況を作った上で対峙します。 しかし三成は、ついにこの戦いに勝利することはできませんで...
2018.04.19
戦国時代

毛利勝永 大阪の陣で輝いたもう一人の勇将

毛利勝永は豊臣秀吉の家臣で、「大坂夏の陣」の戦場で大活躍した武将です。 この時に活躍した武将の中では真田幸村(信繁)が最も有名ですが、勝永もそれに劣らぬ働きを見せています。 この文章では豊臣家に仕え、その最後を見届けた武将につい...
2018.04.19