戦国時代

蒲生

蒲生氏郷 秀吉が怖れた名将の生涯と逸話

蒲生《がもう》氏郷《うじさと》は若くして織田信長に才能を見いだされ、その娘婿となった武将です。 やがて期待に応えて優れた武将に成長し、数多くの戦場でめざましい功績を立てています。 そして蒲生氏は氏郷の元で4万石から91万石にまで...
2018.04.18
戦国時代

北条氏規 軍事や外交に秀で、徳川家康と親しかった勇将の生涯

北条氏規うじのりは戦国時代の末期において、外交や軍事に活躍した武将です。 天下の過半を制した豊臣秀吉との外交を担当し、北条氏の存続のために臣従するべきだと主張しましたが、兄の氏政らが承服しなかったため、秀吉の討伐を招くことになりました...
2018.04.18
織田

織田信長が本能寺の変で明智光秀に討たれたワケ

本能寺の変は、天下統一を目前にしていた織田信長が、重臣の明智光秀に討たれた事件です。 この事件の原因には様々な説が提唱されていますが、今もはっきりとしていません。 この文章では、晩年の信長の人格と、家臣への態度の変化こそが光秀の...
2018.04.18
織田

中川清秀 賤ヶ岳で奮戦した、引くことを知らぬ猛将の生涯

中川清秀《きよひで》は戦国時代に活躍した猛将です。 元は一介の小領主に過ぎませんでしたが、羽柴秀吉と明智光秀の決戦となった「山崎の戦い」などで活躍し、12万石の大名にまで出世しています。 清秀は数多くの戦場で、引くことを知らぬ勇...
2018.04.18
織田

前田玄以 信長や秀吉に仕え、京都所司代を務めた名奉行の生涯

前田玄以げんいは織田信長や豊臣秀吉に仕え、京都の奉行として活躍した人物です。 戦乱の時代はとかく武勇に優れた人物が目立ちますが、為政者にとっては、すぐれた行政官もまた必要であることに変わりはありませんでした。 このために玄以は、...
2018.04.18

森蘭丸 信長に寵愛を受け、本能寺の変で散った美少年の生涯

森蘭丸らんまるは織田信長に小姓こしょうとして仕え、寵愛を受けたことで知られる人物です。 容姿が美しかったと言われていますが、それだけでなく、蘭丸は才知に秀でており、細やかな気遣いができる性格でした。 そして信長に対する忠誠心が厚...
2018.04.18
斎藤

稲葉一鉄(良通) 戦乱の世を頑固に生き抜いた一徹者の生涯

稲葉一鉄《いってつ》は戦国時代に斎藤道三や織田信長に仕え、戦場や外交で活躍した武将です。 「一鉄」は出家した際の号で、「頑固一徹」の語源になったと言われています。 そのように言われるだけのことはあり、硬骨な人物で、戦国時代の流れ...
2018.04.18
蒲生

岡左内(岡野定俊)、蓄財に励むも守銭奴にあらず

戦国時代には様々な個性をもった武将たちが存在していますが、岡左内さないもまた、際だった特徴を持った人物でした。 どのような個性があったのかというと、左内は武将としては珍しく、蓄財や利殖に励むなど、大変にお金を好んでいました。 そ...
2018.04.18

堀秀政が「名人」と呼ばれたワケ

堀秀政《ひでまさ》は織田信長や豊臣秀吉に仕え、その才能を愛された武将です。 「名人」という異名で呼ばれたことでも知られているのですが、この文章では秀政の生涯や、異名の由来を紹介していきたいと思います。 美濃で生まれ、織田信長に取り立...
2018.04.18
織田

織田信長が第六天魔王を名のったワケ

織田信長は自ら「第六天魔王だいろくてんまおう」と名のったとされており、このために「魔王」と称されることがしばしばあります。 【魔王を名のったと言われる織田信長】 これは信長が1573年に、甲斐の大名・武田信玄から挑戦状を...
2018.04.18