飛鳥時代

天皇家

聖徳太子(厩戸王) 古代日本の発展に尽くした英才の生涯

聖徳太子は古代の日本において、国政の改革や、新しい文物の吸収に力を尽くした人物です。 「十七条憲法」や「冠位十二階」などを制定し、国家体制の確立をはかりました。 また、仏教や暦など、外来の宗教、文化などを日本に定着させることにも...