張嶷 劉禅から崇敬を受け、陳寿に称賛された蜀の名将

張嶷ちょうぎは蜀に仕えた将軍です。

勇敢で、かつ計略を立てるのが得意で、各地の反乱の討伐などで活躍しました。

そして蜀の統治が及ばなくなっていた越巂えっすい郡の回復に成功し、大きな功績を立てています。

その後は病をおして魏との戦いに参加し、敵軍に大きな損害を与えた後、戦死しました。

忠義に厚く、このために劉禅から深く崇敬され、三国志の著者・陳寿からは称賛を受けています。

この文章では、そんな張嶷について書いています。

張嶷
【張嶷の塑像】

巴西に生まれる

張嶷はあざな伯岐はくきといい、益州の巴西はせい郡、南充なんじゅう国の出身でした。

生年は不明となっています。

身よりがなく、貧しい家に生まれましたが、若い頃から気概と勇気を備えていました。

その影響でか、わずか二十才で郡の功曹こうそう(人事官)となり、早くから世に出ています。

山族の襲撃に対応して名をあげる

劉備が蜀を平定した際に、山賊が張嶷が住む県を襲撃してくる事件が発生しました。

すると県長は、家族を見捨てて逃亡してしまいます。

この時、張嶷は白刃をかいくぐり、県長の夫人を背負って救出する、勇敢な働きを見せました。

このことから世に名を知られるようになり、州は張嶷を召し出して従事(長官の側近)としました。

郡内には襲禄きょうろく姚伷ようちゅうといった、二千石の位にある名高い人物たちがいましたが、みな張嶷と親しく交わっていました。

賊を退治する

227年になると、丞相の諸葛亮が北伐の準備のため、漢中に駐屯するようになります。

すると広漢・緜竹めんちくの山賊である張慕ちょうぼらが、軍需物資を略奪し、官民をおどして連れ去る事件を起こしました。

張嶷はこの時、都尉といの地位にあり、兵を率いて討伐を担当することになります。

しかし賊は鳥のようにすぐに飛び散ってしまうので、戦っても捕らえることは難しいと判断しました。

このため、偽って和睦をするふりをして、日を決めて宴会を催します。

その酒宴の最中に、張嶷は自ら側近を率い、張慕ら五十余人を討ち取りました。

こうして賊の首領たちは壊滅したので、後は残党を掃討し、十日ほどでこの反乱を鎮めています。

このように、張嶷は知略に長けていたのでした。

張嶷地図1

重病にかかり、何祇に助けられる

後に張嶷は重病にかかりましたが、家が貧しかったので、治療をすることができませんでした。

この頃、広漢太守の何祇かしが義に厚い人だとして評判になっていました。

張嶷は彼とは、長い間疎遠にしていたのですが、病をおして車に乗り、その家を訪ねます。

そして病気を治してくれるようにと頼み込んだところ、何祇は財産を傾けて治療にあたってくれたので、数年で回復することができました。

張嶷はこのように、信義の道に生きる者を友にしていましたが、彼の仲間はみなこのような種類の人たちでした。

汶山の反乱を討伐する

やがて張嶷は牙門がもん将(大将軍直属の武将)に任命され、馬忠の配下として、反乱を起こした汶山びんざん郡のきょう族を討伐しました。

この時に張嶷は三百の兵馬を預かっていましたが、また別にいくつかの軍営の兵を率い、羌族が住む他里たりという村へと進軍します。

この村は高く険しい場所にあり、張嶷が四、五里ほど登ってみると、羌族は石の門をかまえ、その上に床を張り、石を積み上げていました。

そして通過しようとする者があれば、石を投げ下ろして打ち砕く構えを作っています。

張嶷はこれを見て、正面から攻撃するのは不可能だと悟ります。

このため、羌族の言葉がわかる者を派遣して、降伏を促すことにしました。

「おまえたち汶山の諸族は反乱を起こし、良民に害をなしている。

天子は悪人を討ち滅ぼせと将軍に命じられた。

おまえたちがもしも服従の意を表し、わが軍を通過させ、兵糧を提供するのであれば、おまえたちが受ける幸福は増し、報いは百倍となって返るだろう。

もしも従わないのであれば、大軍が処罰し、雷が降り注ぐようにして、容赦なくおまえたちを滅ぼすことになる。

後から悔やんでも、取り返しはつかぬぞ」

するとこの村の頭領は恐れをなし、すぐに張嶷の元に出頭し、兵糧を提供し、通行を妨げませんでした。

残りの部族は他里が降伏したと知ると、みな怖れを抱き、どうしてよいかわからなくなりました。

ある者は軍を出迎えて降伏し、ある者は山や谷に逃げ隠れ、あるいは兵を動かして攻撃をしてきます。

このように対応がばらばらになったため、張嶷はたやすく勝利を得ることができました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物