稲葉一鉄(良通) 戦乱の世を頑固に生き抜いた一徹者の生涯

スポンサーリンク

孫娘の福を引き取る

ところで、光秀が秀吉に討たれた際に、一鉄が憎んだ斎藤利三もまた捕縛され、処刑されています。

この利三には、福という娘がいました。

利三が反逆者の一味として討たれた後、子どもたちは諸国を流浪することになります。

しかし福は一鉄が引き取り、美濃の清水城に住まわせて生活の面倒を見ています。

この福が後に三代将軍・徳川家光の乳母となり、大奥で権勢を振るうことになる春日局です。

つまり一鉄は、春日局の母方の祖父なのでした。

利三には憎しみを持っていたものの、孫娘にまではその感情は及ばなかったのでしょう。

このようにして一鉄は歴史の重要人物との間に、様々な接点を持っています。

春日局

【孫娘・春日局】

秀吉に従う

その後、信長の遺領の分割を話し合う清洲会議において、美濃は信長の三男・信孝が支配することになりました。

しかし一鉄は信孝に従わず、美濃で抗争を繰り広げました。

美濃は織田氏のものにあらず、というのが一鉄の考えだったのでしょう。

そして信孝への対抗上、信孝と敵対する秀吉に従うようになります。

この結果、秀吉と柴田勝家が争った「賤ヶ岳しずがたけの戦い」にも、秀吉に味方して参戦し、柴田方の城を攻めて戦功を立てました。

こうした働きの結果、秀吉から領地を安堵され、稲葉氏は混乱期を切り抜け、家名の存続を果たしています。

【6番目の主君・豊臣秀吉】

最後の戦陣

1584年になると、一鉄は既に69才になっていましたが、秀吉と徳川家康が争った「小牧・長久手ながくての戦い」にも出陣しています。

この時に長久手で、秀吉の派遣した2万の別働隊が家康によって撃破されるのですが、負けを取り戻そうとして、秀吉は10万の大軍を率いて出陣しました。

秀吉は「どこまでも家康を追跡し、追い詰めてくれよう」と息巻いていましたが、一鉄は秀吉を強く諫めました。

「既に日が暮れようとしている中で、軍を進めれば思わぬ大敗を招くことがあります。明日を待って、それから勝負を決するべきです」と進言すると、「さるの刻(午後3〜5時)を過ぎてから敵城を攻めないのは、古来からの軍法である。稲葉はさすがの老武者だ。諫言は理にかなっている」と人々が褒め称えたため、秀吉はそれ以上の進軍を取りやめました。

するとやがて、別働隊を率いていた池田恒興つねおきや森長可ながよしが戦死した、という報告が届き、諸将の戦意が大きく低下します。

そのような状況下で、一鉄は「わしは年老いた。もし戦って死せずとも、先は長くないだろう。それならばここで死ぬ覚悟で戦ってくれよう。そして死を恐れずに奮戦すれば、必ず勝つであろう」と述べて将兵の士気を高め、陣形を整えて敵を待ち受けました。

結局は家康が本営に引き上げてしまったために、戦いにはならなかったのですが、一鉄は老いてなお盛んな姿を見せています。

これが最後の戦陣となり、以後は秀吉の話相手になったりしながら、老後を過ごしました。

その死

1585年に秀吉が関白の地位につくと、一鉄は「法印」という最上位の僧の称号を与えられ、「三位法印」と称するようになります。

このことからして、秀吉に好意を持たれていたのでしょう。

そして1588年になると、73才で死去しています。

家督は子の貞通さだみちに継承されました。

そして後に豊後ぶんご(大分県)に移封され、臼杵うすき5万石の藩主として、明治維新を迎える時まで存続しています。

美濃から切り離されたのは、一鉄の執念を見て、遠ざけておくべきだと判断されたからなのかもしれません。