曹操はどうして官渡の戦いで袁紹に勝利できたのか?

スポンサーリンク

倉亭の戦いと、袁紹の死

こうして官渡の戦いは曹操の勝利に終わりましたが、これは袁紹の進撃を食い止めた戦いでしたので、この一戦だけで曹操の勢力が伸びたわけではありません。

翌201年には曹操は戦果を拡大するために黄河のほとりに軍を進め、倉亭(そうてい)という土地に陣を構えていた袁紹の軍勢を討ち破っています。

この二度目の敗戦の影響によって、袁紹の領地では反乱が相次ぐようになり、対応に追われることになります。

反乱の鎮圧には成功したものの、袁紹は見下していた曹操に完敗したことで気が塞がったのか、重病にかかり、やがて吐血して202年には死去してしまいました。

曹操は袁紹が生きている間は警戒して河北に侵攻しておらず、両者の争いは曹操の優勢勝ち、といった形勢で終焉を迎えることになりました。

劉備の逃亡

倉亭の戦いの後、豫州に駐屯していた劉備は、曹操が本格的に攻撃をしかけてくる、という情報を聞きつけます。

この頃にはもう袁紹の勢力が傾いていたため、これに対抗することは難しいと判断し、荊州の劉表を頼って落ち延びました。

これ以後、劉備はしばらく劉表の客将として時を過ごしますが、その間に諸葛亮と出会って「天下三分の計」を披露され、新たな戦略を得て再び曹操と戦うことになります。

ともあれ、劉備の逃走によって曹操は豫州の奪還に成功し、その勢力をゆるぎないものとして固めていきました。

袁家の終焉

袁紹の死後も袁家の勢力はまだ大きく、決して侮れないものがありました。

しかし袁紹の死後、長男の袁譚(えんたん)と三男の袁尚(えんしょう)が後継者争いを始めてしまい、このために勢力が分裂します。

これは袁譚を郭図が推戴したものの、郭図と不仲の審配と逢紀が袁尚を推戴する動きを取ったためでした。

家臣たちの争いが袁紹の死後にも続き、袁家に災いをもたらしたことになります。

この時に郭図が袁譚に袁尚を先制攻撃するようにそそのかしたため、兄弟の争いは取り返しがつかないほどに深刻なものになってしまいました。

曹操はこの争いを利用し、まず袁譚と同盟を結んで袁尚を討ち破り、その後で袁譚も撃破し、袁家を滅亡させました。

こうして曹操は袁紹の領地を併合して8州の主となり、並ぶ者のいない大勢力を構築することに成功します。

後漢はこの時、各地域の人口規模に準じて19州に分けられていましたので、およそ4割以上の人口を抑えたことになります。

郭図の処刑と、袁紹と曹操の差

袁譚が滅ぼされた際に郭図も処刑されましたが、この時に妻子も一緒に処刑されるという、厳しい措置を受けています。

郭図は「後漢書」の中でも袁家を滅ぼした悪臣として名指しで批判されており、袁紹の同盟者であった劉表からも非難を受けています。

これまで見てきたとおり、郭図は沮授の権限を奪い、袁紹に取り入って自身の出世を図り、あげくに策を誤って官渡の戦いを敗北に導くなど、利己的かつ無能なふるまいが目立った人物であると言えます。

沮授や田豊を用いず、こうした人間を重用してしまったところに、袁紹の敗北と滅亡の主因があったと言えるでしょう。

荀彧や荀攸を信頼してその進言や策を用い、不利を覆して勝利を得た曹操とは、まことに対照的であったと言えます。

袁紹と曹操の陣営には実力差はさほどなく、人材の用い方において差がついた、と見るのが妥当なところであろうと思われます。

【有利な情勢を作りながらも敗れた袁紹の肖像画】

関連記事

袁紹 曹操と覇を競うも、官渡で敗れた名門の当主
袁紹えんしょうは後漢の末期において、黄河の北方に勢力を築いた人物です。 名門の出身で、若い頃から高官の地位につき、動乱が発生してからは反董卓軍の中心人物となりました。 その後は北方の四州を制し、諸侯の中で最大級の勢力を得ることに...
荀攸 曹操を中原の覇者に押し立てた名軍師の生涯
荀攸じゅんゆうは曹操の軍師として活躍した人物です。 呂布や袁紹との戦いで優れた智謀を示し、曹操が中原を制する上で大いに貢献しました。 自分の功績を誇らない慎ましやかな性格で、その点も曹操から高く評価されています。 一方で、...
賈詡 張繡や曹操に仕えて活躍した智謀の士
賈詡かくは董卓、李傕、張繡ちょうしゅく、曹操らに仕えて活躍した軍師です。 人並み外れた智謀を備えており、その計略によって戦いを勝利に導き、情勢に大きな影響を与えています。 そして曹丕が曹操の後継ぎになる上で貢献したので、最終的に...
張郃 馬謖を打ち負かすなど、各地の戦いで活躍した魏の名将
張郃ちょうこうは袁紹や曹操に仕えて活躍した将軍です。 黄巾の乱の頃から戦い始め、諸葛亮の北伐の時代まで各地で活躍し続けました。 張遼や徐晃と並び称されており、魏における最も優れた将軍の一人に数えられています。 最後は上司と...