関羽雲長 張飛とともに劉備に仕えた、最強武将の生涯

関羽かんうは後漢末期において、劉備りゅうびに仕えた武将です。

「一万人にも匹敵する」と言われたほどの武力を備えており、三国志を代表する人物のひとりです。

関羽は強いだけでなく、優れた統治能力をも備えており、文武両道でした。

しかし、自分に自信を持ちすぎるという欠点があり、それが原因で孫権そんけんに敗れ、悲劇的な最期を迎えています。

一方で死後に神格化され、現代においても「関帝」として人々に親しまれる存在になりました。

この文章では、そんな関羽の生涯を書いてみます。

【三国志演義における関羽の肖像画 左は周倉】

琢郡に移住し、劉備に出会う

関羽はあざな雲長うんちょうといい、出身地は河東かとう郡の解県です。

もともと何をしていたのかは不明ですが、河東郡を出奔してたく郡に移住したことで、人生の大きな転機を迎えることになりました。

関羽が琢郡で暮らすうちに、やがて黄巾こうきんの乱が発生します。

すると劉備が討伐のために義勇軍を結成し、兵士を募集しました。

それに関羽が応募したことで、劉備に出会い、生涯の主君を得ることになります。

護衛官を務める

劉備は応募してきた者たちの中から、関羽と張飛ちょうひの二人を選び、自身の護衛官に任命しました。

これはこの二人が、突出した武力を持っていたからでしょう。

劉備は二人と同じ部屋で寝起きし、実の兄弟のように恩愛をかけたので、関羽と張飛は、劉備に絶大な忠誠を誓うようになります。

しかし関羽と張飛はそれに甘えることなく、おおぜいが集まる席ではけじめをつけ、一日中でも劉備の側に立って護衛をしました。

そして戦いになると、劉備に従って奔走し、骨身を惜しまずに尽くしています。

劉備は二人の強さと、そのような忠実な性格を愛したのでしょう。

別部司馬となり、人を指揮する立場につく

劉備は関羽たちの助けを得て、黄巾の討伐で戦功を立てます。

そして順調に官位を進め、やがて平原国のしょう(大臣)に就任しました。

劉備は多くの兵を率いる立場になると、関羽と張飛を別部司馬べつぶしば(部隊長)に任命し、指揮を任せています。

こうして関羽は初めて人を率いる立場につきましたが、面倒見がよかったので、部下たちは関羽に懐き、その部隊は精強なものになっていきました。

太守になる

それからしばらくすると、劉備はさらに身分を高め、じょ州の統治者になりました。

すると関羽は下邳かひという、徐州の重要拠点の太守に任命されます。

関羽は戦いに強いだけでなく、統治者としても優れた手腕を備えており、劉備の身分の上昇に伴って、関羽もまた出世することになりました。

劉備にとっては、まさに片腕と言える存在だったのでした。

関羽は算術が得意だったり、歴史書の『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』を愛読するなど、幅広く技能や教養を備えていました。

このために、劉備から武官以外の仕事も任されることになります。

曹操に捕縛される

劉備はやがて曹操そうそうとの戦いに敗れ、袁紹えんしょうを頼って徐州から逃亡します。

その際に、関羽は下邳で曹操に包囲されて降伏し、捕虜となりました。

曹操はかねてより関羽の武勇と、その人柄を高く買っていましたので、彼をへん将軍に任命し、手厚い待遇を与えました。

曹操は優れた人材を好んでいましたので、関羽を自分の配下に取りこみたいと考えたのです。

関羽は劉備の家族を預かっていたこともあって、ひとまずは生きのびるため、曹操に従います。

しかし曹操に恩を返したあかつきには、劉備の元に戻りたいと考えていました。

白馬の戦いで顔良を討つ

やがて曹操と袁紹が争い始めると、袁紹は顔良がんりょうを派遣して、曹操軍の拠点である白馬を攻撃させました。

すると曹操は関羽と張遼を先鋒に任命し、これを迎撃します。

関羽は戦場において、顔良の旗印を見つけると、馬に鞭を入れ、まっすぐに顔良に向かって突進しました。

その進撃を阻める者は誰もおらず、関羽は大軍のまっただ中で顔良を刺し、その首を取って戻ってきます。

この関羽の活躍によって、曹操軍は白馬で大勝を収めました。

曹操は関羽の働きを大変に喜び、ただちに上表して、関羽を漢寿亭かんじゅてい候に封じました。

こうして関羽は将軍位に続いて、爵位をも手に入れたのでした。

これによって関羽の名声は、天下にとどろくことになります。

曹操は張遼に探りを入れさせる

これより以前のこと、曹操は関羽の立派な人柄を高く評価していましたが、自分の元に長くとどまるつもりがないらしいと、察してもいました。

このため、関羽と親しい張遼ちょうりょうに、「ためしに関羽の気持ちを聞いてみてくれぬか」と命じます。

張遼が関羽の家に行き、そのことを尋ねると、関羽は嘆息して答えました。

「曹公(曹操のこと)が私を厚遇してくださっていることは、よく理解している。

しかし私は劉将軍(劉備)から厚い恩義を受けており、ともに死のうと誓った仲なのだ。

だから私がここに留まることは決してないが、立ち去る前に必ず手柄を立て、曹公に恩返しをするつもりだ」

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物