北条氏政と氏直が、小田原征伐で豊臣秀吉に滅ぼされたワケ

北条氏は戦国時代に5代、90年を費やして関東地方の大半を制し、覇者たる地位を手に入れました。

しかし制覇が完了間近になったところで、豊臣秀吉の討伐を受け、4ヶ月の戦いの後、あえなく滅亡しています。

秀吉と北条氏政うじまさ氏直うじなお親子が戦いに至るまでには、1年半の交渉期間があり、対応の仕方によっては、避けられたはずの滅亡でした。

この文章では、どうして北条氏は滅亡したのか、その過程を追っていこうと思います。

北条氏政

【北条氏政の肖像画】

九州征伐が完了し、秀吉は関東に目を向ける

秀吉は1587年に九州征伐を行い、島津氏を1ヶ月ほどの戦いで降伏させ、西日本の統一を完了しました。

そして天下統一を果たす上で、残る秀吉に従わない地域は、関東と東北のみとなります。

それゆえ、秀吉は関東の北条氏や、その周辺で独立を保つ諸大名に外交を行い、臣従するようにと促しました。

豊臣秀吉

【北条氏に臣従を促した豊臣秀吉】

関東とその周辺の情勢

この頃、北条氏は関東をほぼ手中に収めていましたが、まだ常陸ひたち(茨城県)の佐竹氏、安房あわ(千葉県南部)の里見氏、下総しもうさ(千葉北部)の結城ゆうき氏、下野しもつけ(栃木県)の宇都宮氏といった勢力が抵抗を続けています。

これらの大名たちは劣勢に追い込まれていましたので、秀吉に臣従を約束し、北条氏を討伐して欲しいと要請しました。

また、関東の北に位置する越後(新潟県)の大名・上杉景勝は元より秀吉に臣従しており、東海道と甲信地方を治める徳川家康もまた、秀吉に従っています。

つまり北条氏は、北も西も、すでに秀吉側の勢力に囲まれていたわけで、240万石の領地を持っているとは言っても、日本全体で見れば、孤立無援に近い状況に置かれていたのでした。

家康と北条氏の関係

一方で、家康はかつて秀吉と対決した「小牧こまき長久手ながくての戦い」の際に、北条氏と同盟を結んでいます。そして北条氏の当主・氏直に娘を嫁がせ、姻戚関係になっていました。

そして米沢の大名・伊達政宗もまた、常陸の佐竹氏と敵対していたため、利害が一致する北条氏と同盟を結んでいます。

ゆえに、彼らと力を合わせれば、秀吉にも対抗できるのではないかという望みを、北条氏は抱くことになります。

東海、甲信、関東、そして東北の一部を合わせれば、東日本にまたがる大勢力となり、さしもの秀吉も、そう簡単に打ち崩すことはできません。

北条氏はそのような認識でいたからこそ、秀吉になかなか臣従しなかったのだろうと考えられます。

しかし実際には、家康はいったん臣従した以上、秀吉に忠実に尽くして徳川家を守り抜くと決断をしており、既に北条氏の味方ではなくなっていました。

そして伊達政宗は北条氏と手を組む一方で、抜け目なく秀吉とも外交を行って関係を構築しており、言わば二股をかけていたのでした。

このため、北条氏が危機に陥っても、なお支援してくれるような勢力は、日本のどこにもいなかったのです。

このあたりの認識の誤りが、北条氏が滅亡した原因のひとつとなっています。

初期の交渉

秀吉からすると、北条氏を外交という手段にせよ、戦争という手段にせよ、屈服させるのは、東日本を制する上で、必須の条件になっていました。

ゆえに秀吉は1588年5月に、富田一白いっぱく妙音院みょうおんいんらを使者として遣わし、北条氏に臣従を促します。

秀吉の書状は、次のような内容でした。

「天下はみな王土(天皇の領地)であるのに、王臣である北条氏は、いくつかの国々を無断で押領おうりょう(私的に占有)し、それでいて一度も上洛をしていない。これは王臣のとるべき道ではない。速やかに上洛し、謝罪せよ」と大上段に構えた勧告を行いました。

この時、秀吉は朝廷を代表する関白という地位にあり、日本の3分の2を治めるほどの大勢力となっていましたので、一地方勢力である北条氏を、完全に格下扱いしたのです。

かつて、家康に上洛を促した際には、妹を嫁がせ、実母を家康の元に送って上洛を促す、という下手したでに出る手段を用いました。

その時の秀吉はまだ九州征伐を実施しておらず、西と東に敵を抱えていました。

それゆえ、東の家康をなんとしても懐柔したいと思い、人質を送ってまでして家康を従わせたのです。

しかし九州を制覇した今、もはや秀吉の体制は盤石となっており、北条氏に対しては、なんら遠慮をする必要がなくなっていました。

一方で、北条氏は関東の覇者であることを誇りにしており、秀吉の上から命令を下す態度に、感情を傷つけられました。

このため、北条氏の前当主・氏政は「用事が多いから上洛は難しい。2年後までにはそれらを片づけ、上洛する」と回答します。

これは実際の所、上洛を拒むための言い訳で、氏政は秀吉に従う気はありませんでした。

そして氏政は、最後まで秀吉に従わないまま、死んでいくことになります。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
戦国時代 豊臣 徳川 真田 北条

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、8月8日〜16日の間は299円のセール価格で販売しています。
kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物