北条氏政と氏直が、小田原征伐で豊臣秀吉に滅ぼされたワケ

韮山城の奮戦

また、韮山城は最初に秀吉と交渉を行った、北条氏規が3600の兵とともに守備についていました。

氏規は外交だけでなく、戦闘も得意としており、4万4千という大軍に攻め込まれたにも関わらず、これを撃退しています。

攻撃をしかけたのは、細川忠興ただおきや福島正則まさのり、蒲生氏郷うじさとといった猛者たちですので、彼らを撃退した氏規が、優れた武将だったことがわかります。

秀吉は攻撃が失敗したと知ると、韮山城を攻め落とすのは容易ではないと判断し、2万の軍勢を残して包囲させ、こちらでも持久戦を行っています。

やがて氏規と親しい家康が使者を送り、すでに関東各地の城が落ちており、小田原城も危なくなっているので、韮山城を出て小田原に入り、氏政や氏直のために力を尽くすべきではないか、と説きました。

氏規はこれを受け入れ、6月24日に家康に城を明け渡しました。

氏規は大軍を相手に、100日間に渡って韮山城を守り通しており、知勇を備えた名将であるとして、称賛を受けることになります。

小田原征伐

伊達政宗の臣従

このように、忍城などの善戦があったものの、大勢には影響がなく、全体の状況は秀吉が圧倒的に有利となっていました。

そしてこの状況を見て、伊達政宗はついに重い腰を上げ、6月初旬に小田原を訪れ、秀吉に遅参を謝罪しています。

秀吉は手にしていた杖を政宗の首にあて、「もう少し遅ければ、その首が飛んでいたぞ」と脅しつけますが、政宗の申し開きを受け入れ、臣従を認めて72万石の領地を安堵しました。

政宗はもしも北条氏が有利になったら、そのまま北関東の攻略に乗り出そうと計画しており、このために状況をぎりぎりまで見守っていたのです。

しかし小田原や関東の状況を知り、これ以上の野心は身を滅ぼすことになると悟り、攻め込まれる前に秀吉に屈したのでした。

このあたりの政宗の、引き際をわきまえた状況判断力は、氏政や氏直よりもはるかに優れていました。

ゆえに政宗はこの後も、様々な謀略をしかけ続け、秀吉や家康ににらまれながらも、無事に生き延びて伊達氏を存続させることになります。

伊達政宗

【伊達政宗の肖像画】

政宗の外交

伊達氏は元より外交上手な家柄で、かつて政宗の父・輝宗てるむねは織田信長と友好関係を作っていました。

関東よりもさらに京から遠い、東北の大名でしたが、常に中央の情勢にも目を配り、伊達氏存続に必要な活動を欠かさなかったのです。

政宗もその傾向を引き継いでおり、秀吉と個人的に親しい前田利家や、義弟の浅野長政、側近の施薬院せやくいん全宗ぜんそうといった人物たちに定期的に手紙を送り、贈り物をして親交を保ち、何かあっても秀吉に取りなしてもらえる状況を作っていたのです。

このあたりの様子から、政宗は秀吉の人間関係をも細かく、正確に把握していたことがわかります。

それゆえ、小田原城が落城する一ヶ月前という際どいタイミングでも、秀吉に遅参を許してもらえたのでした。

このあたりの、実力者を相手にした巧みな立ち回りは、北条氏には完全に欠けていた能力でした。

言わば、政宗は狡猾で器用で、北条氏は朴訥で不器用だったのです。

相次ぐ寝返り

秀吉はただ包囲を続けていただけでなく、城内の武将に離反工作をしかけていました。

6月になると、各地の城が落ちた影響もあって、それが効果を発揮し始めます。

まず6月5日に、150名を率いて籠城に参加していた和田左衛門さえもんという武将が、兵舎を焼いてから、城を脱出して家康に投降します。

これによって、城内の士気が低下していることが明らかになりましたが、続いて松田憲秀のりひでという、北条氏の重臣中の重臣が秀吉に内通し、城内に衝撃が走ります。

松田は5千の兵力を持ち、氏政や氏直が信頼を寄せていた武将でした。北条氏の政務を取り仕切る役目を担っており、柱石とも言える立場にあります。

しかし松田は、密かに包囲軍の堀秀政や安国寺恵瓊えけいと連絡を取っており、寝返りの条件を交渉していました。

そして6月10日になると、相模さがみ(神奈川県)一国を与えられることを条件に、6月16日の夜、城内に火を放ち、包囲軍を侵入させると約束します。

しかしこの陰謀は、松田の次男、直憲なおのりが氏直に訴え出たことで発覚し、未然に防がれました。

氏直は陰謀を主導した松田の長男・政春まさはるを誅伐し、松田を拘禁して事態を収拾しました。

しかし、重臣ですらも寝返ろうとしたことに、氏直ら北条氏の首脳部は衝撃を受け、城内には疑心で満ちていきます。

籠城は城内の人心がひとつになってこそ、継続できるものですが、松田の寝返りによってそれが不可能となったことが、人々に悟られるようになります。

【次のページに続く▼】