廖立 舌禍によって諸葛亮に罰せられるも、その死に涙した将軍

廖立りょうりつは蜀に仕えた将軍です。 はじめは劉備や諸葛亮に高く評価されましたが、時間が経過するうちに、思ったほどではないことが判明し、地位が抑えられていきました。 廖立はそれを不満に思い、劉備や蜀の重臣たちを誹謗したので、諸葛...

姜維 諸葛亮に見いだされて魏と戦うも、蜀の滅亡を招いた大将軍

姜維きょういは蜀に仕えて活躍した将軍です。 元は魏に仕えていましたが、降伏後、諸葛亮に見いだされて出世し、やがて蜀の大将軍となりました。 文武に優れ、魏軍にも何度か勝利しましたが、毎年のように大軍を動かしたので、やがて蜀を疲弊さ...
2020.03.22

劉琰 蜀の高官となって贅を尽くすも、妻の不貞を疑って処刑される

劉琰りゅうえんは劉備や劉禅に仕え、蜀の高位に上った人物です。 しかし取り立てて仕事はせず、劉備や諸葛亮の話し相手になっただけでした。 やがて魏延といさかいを起こし、泥酔して偽りを述べたので、諸葛亮に問責されました。 すると...

郤正 魏への降伏文書を作成し、劉禅に随行した蜀の文学者

郤正げきせいは文章力に優れていた、蜀の学者です。 蜀が健在な頃にはさほど出世をしませんでしたが、魏に降伏する際に、その文書を作成する役目を果たしました。 そして劉禅が洛陽に向かう際に、単身で随行し、劉禅が失敗をしないように補佐し...

譙周 劉禅に降伏を決断させた蜀の儒学者

譙周しょうしゅうは蜀に仕えた学者です。 儒学を深く学び、蜀を代表する優れた学者となりました。 たびたび蜀の政治に意見を述べていましたが、衰退は止められず、魏軍に攻めこまれる事態となります。 その際に、譙周は劉禅を説得して魏...

孟光 権謀・才知を重視して直言をなし、人に嫌われた蜀の学者

孟光もうこうは蜀に仕えた学者です。 特に史学に通じ、蜀の宮中のしきたりを制定するのに貢献し、やがて大司農(農務大臣)にまで昇進しました。 しかし、人の誤りを厳しい言葉で糾弾していたので、やがて嫌われるようになり、このために以後は...

杜微 徳義を備え、諸葛亮に熱心に招聘を受けた蜀の学者

杜微とびは字あざなを国輔こくほといい、梓潼しとう郡、涪ふ県の出身でした。 若い頃に、広漢に住む任安じんあんという著名な学者に師事し、学問を修めました。 やがて劉璋に召し出されて従事(側近)となりましたが、病のために官を去っていま...

杜瓊 予言をみだりに口にしなかった、慎み深く賢明な蜀の学者

杜瓊とけいは蜀に仕えた学者です。 学識に優れ、儀礼や宗廟などを司る地位を歴任し、高く評価されました。 一方で未来を予測する術にも通じていましたが、むやみにそれを明らかにせず、我が身を損なうことを避けています。 この文章では...

周羣と張裕 劉備に仕え、明暗が分かれた蜀の予言者たち

周羣しゅうぐんと張裕ちょうゆうは、蜀に仕えた予言者たちです。 ともに天文を読み取り、未来を予測する術を身につけていました。 そして周羣は漢中攻撃の結果を予測して的中させ、劉備に評価されます。 一方で張裕はこれを外した後で、...

許慈と胡潜 険悪な関係を、劉備にたしなめられた学者たち

三国志の時代、蜀には許慈きょじと胡潜こせんという学士たちがいたのですが、すこぶる仲が悪く、口論だけでなく、鞭を振りかざして争い、やがて劉備にも心配をかけるほどの事態を引き起こします。 このため、劉備はとある方法で二人の争いをやめさせる...