廖化 蜀の始まりから終わりまでを見届けた将軍

スポンサーリンク

廖化りょうかは蜀に仕えた将軍です。

蜀の建国以前から関羽や劉備に仕えており、彼らの死後は、諸葛亮や姜維の元で戦いました。

長く活躍し続け、やがて右車騎将軍となり、蜀軍の重鎮にまで立身しています。

70才を超えて現役であり続け、最後には、蜀の終焉までもを見届けることになりました。

この文章では、そんな廖化について書いています。

スポンサーリンク

襄陽に生まれる

廖化はあざな元倹げんけんといい、荊州の襄陽じょうよう郡の出身でした。

元の名前は廖淳りょうじゅんといいます。

荊州が劉備の領土だった頃から仕えており、総督を務めていた関羽の主簿(側近)になっています。

しかし219年になると、関羽が敗死してしまったので、やむなく呉に身を委ねました。

廖化
【廖化の塑像】

劉備の元に戻る

廖化は呉に安住することをよしとせず、劉備の元に戻りたいと思い、自分が死んだという噂を流します。

やがて人々が、これを本当だと思い込むほどに噂が浸透したので、廖化は老母を連れ、昼夜兼行で西方へと向かいました。

するとちょうどその時、劉備が関羽の仇を討ち、荊州を奪還するために進軍を開始していました。

このため、廖化は劉備が拠点としていた秭帰しきで会うことができました。

劉備は廖化の帰還を大変に喜び、宜都ぎと太守に任命します。

このようにして、廖化は劉備への厚い忠誠心を持っていたのでした。

廖化地図1

立身する

やがて劉備が亡くなると、廖化は茂才に推挙されて丞相参軍となり、諸葛亮の元で働くようになります。

後に督広武となり、昇進を重ね、最終的には右車騎将軍・仮節にまで立身しました。

車騎将軍は軍の第三位の地位でしたが、これを左車騎将軍の張翼と分け合って、蜀軍の重鎮の地位にまで登りつめています。

この時に人々から、「先に王平、句扶くふあり、後に張翼、廖化あり」と言われ、蜀の末期において、軍を代表する人物の一人になりました。

そしてへい州刺史を兼任し、中郷候という爵位も与えられています。

果敢で激しい人物として知られており、猛将の部類だったようです。

廖化の活躍

この過程において、廖化は次のような手柄を立てています。

239年に、陰平太守だった廖化は、魏の守善羌しゅぜんきょう太守・宕蕈とうしんの陣営を攻撃しました。

すると魏のよう州刺史・郭淮かくわい王贇おういん游奕ゆうえきの二将を派遣し、廖化を討とうとします。

郭淮は曹叡そうえい(魏の三代皇帝)に上奏し、軍を二手に分け、東西から廖化を攻撃させようとしていることを報告しました。

すると曹叡は「軍を配置する際には、むやみに分離してはならない」と返書を送り、これをやめさせようとします。

しかしこの命令が届く前に、廖化はまず游奕を撃破し、ついで王贇を討ち取り、各個撃破に成功します。

このようにして、廖化は魏の戦いで活躍していたのでした。

その後は蜀軍の主導権を握った姜維の元で働き、たびたび別動隊を率いて魏軍と対峙しています。

諸葛瞻への挨拶を考える

260年ごろになると、諸葛亮の子・諸葛せんが宮中の諸事を取り仕切るようになります。

すると廖化は同年代で、鎮国大将軍の地位にあった宗預そうよを訪れ、一緒に諸葛瞻に挨拶あいさつに行こうと誘いました。

すると宗預は「われわれは70才を超え、すでに身に過ぎた厚遇を受けている。

足りていないのは死だけだ。

年少の輩に何を求め、せせこましく訪問などしようというのか」と答え、行きませんでした。

この挿話から、廖化はこの時期には、70才を超えた老将だったことがわかります。

生年ははっきりしていませんが、190年ごろだったと推測できます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物