三国志用語

用語集

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」とは

「死せる孔明、生ける仲達ちゅうたつを走らす」とは、三国志の中で語られている言葉です。 「孔明」は諸葛亮、「仲達」は司馬懿しばいの字あざなで、両者の間に起きた出来事から、この言葉が生まれました。 以下の文章で、その経緯と意味を紹介...
用語集

臥龍とは

臥龍がりょうとは、「眠れる龍」を意味する言葉です。 まだ無名だったころの諸葛亮が、この号で呼ばれていました。 【臥龍と呼ばれた諸葛亮】 諸葛亮にこの号をつけたのは、龐徳公ほうとくこうという人物です。 荊けい州の襄...
2019.06.09
用語集

外戚とは 三国志では何進が該当

外戚がいせきとは、皇帝の母方の親族のことを言います。 古代中国では儒教の影響で、子は母親に強く敬意を払うべきだという思想が広まっており、皇帝の母親と、その親族たちが大きな権力を握ることが多くなりました。 特に、皇帝が即位した年齢...
用語集

諡・諡号とは 劉備や曹操の諡号はどのように定められたのか

諡おくりなは皇帝や高官が、死後に贈られる名前のことです。 「おくりな」という読みは「贈り名」から来ています。 たとえば三国志では、曹操は死後に武帝、劉備は昭烈しょうれつ帝と諡されています。 このような称号には、生前の人柄や...
2019.06.09
用語集

白馬義従とは

白馬義従はくばぎじゅうは三国志に登場する、公孫瓚こうそんさんが率いていた騎兵隊の名称です。 「白馬」はそのまま「白い毛並みの馬」を意味し、「義従」は「騎乗した弓兵」のことを指しています。 公孫瓚は幽州という、東北の辺境地帯で戦っ...
2019.06.09
用語集

宦官とは 蔡倫・曹騰・十常侍について

宦官かんがんは中国などに存在していた、去勢された上で、宮殿に仕える者たちのことを言います。 もともとは去勢されているとは限らなかったのですが、後漢以降は去勢された者だけが宦官に就任したため、「宦官=去勢された者」と認識されるようになっ...
2019.01.20
用語集

丞相とは 三国志では曹操や諸葛亮が就任

丞相じょうしょうは中国の官職です。 「丞」と「相」はともに「たすける」という意味です。 これを合わせた丞相は、天子(王や皇帝)を助けて国政を司る役目を担いました。 王の下で政務を総覧し、官僚を統率する最高官で、現代で言えば...
2019.02.21
用語集

蜀漢とは 劉備による建国と、劉禅による滅亡について

蜀漢しょくかんは中国の三国時代に存在した国家です。 国号は漢であり、前漢や後漢と区別するために、蜀漢と呼ばれています。 「蜀」は中国の南西部にある益州のことで、ここに劉備が割拠したことがきっかけで、建国されました。 首都は...
2019.01.21
用語集

大将軍とは 三国志では何進や曹操、袁紹が就任

大将軍は古代中国で設置された官職です。 秦から前漢への移行期(前206年頃)に任命され始めました。 特に有名なのは、前漢の高祖・劉邦に仕えた韓信です。 元は低い身分でしたが、才能を見いだされて大将軍に抜擢されると、別働隊を...
2019.01.21
用語集

牙門将軍とは 三国志では趙雲や魏延が就任

牙門《がもん》将軍は中国の官職名で、後漢や三国時代にも設置されていました。 「牙門」という名前の由来は「牙旗《がき》の立つ軍門」から来ています。 「牙旗」とは、将軍が自分の存在を示すために掲げる旗のことです。 【牙旗の...
2019.01.20