伊達政宗

蒲生

蒲生氏郷 秀吉が怖れた名将の生涯と逸話

蒲生《がもう》氏郷《うじさと》は若くして織田信長に才能を見いだされ、その娘婿となった武将です。 やがて期待に応えて優れた武将に成長し、数多くの戦場でめざましい功績を立てています。 そして蒲生氏は氏郷の元で4万石から91万石にまで...
2018.04.18
蒲生

岡左内(岡野定俊)、蓄財に励むも守銭奴にあらず

戦国時代には様々な個性をもった武将たちが存在していますが、岡左内さないもまた、際だった特徴を持った人物でした。 どのような個性があったのかというと、左内は武将としては珍しく、蓄財や利殖に励むなど、大変にお金を好んでいました。 そ...
2018.04.18
戦国時代

伊達政宗 戦国の終わりを生きた、奥羽の「独眼竜」

伊達政宗は戦国時代の末期に登場した武将で、奥羽(東北地方)を席巻し、伊達氏の最大勢力を築きました。 しかし政宗が活躍し始めた頃には、すでに豊臣秀吉という日本全国に影響を及ぼせる大勢力が登場しており、彼の野心はそういった天蓋からの制限を...
2018.04.19