加藤清正

戦国時代

加藤光泰、おおいに怒り清正の命を救う – 文禄の役の逸話より

「豊臣秀吉に仕えていた加藤」と言えば清正が有名ですが、もうひとり、加藤光泰みつやすという武将もいました。 光泰は豊臣政権下において、甲斐(かい)(山梨県)24万石の大名で、肥後(ひご)(熊本県)25万石の清正と、ほぼ同等の立場にありま...
2018.04.18
戦国時代

加藤清正の虎退治について

加藤清正は豪傑として知られる武将ですが、朝鮮半島に渡って戦っていた時期に、虎退治をしたことでも知られています。 【加藤清正の肖像画】 ある時に清正の軍勢は、朝鮮の大きな山の麓(ふもと)に陣営を構えていたことがありました。...
2018.04.18
戦国時代

加藤清正 熊本城を築いた「清正公さん」の生涯について

加藤清正は豊臣秀吉に仕え、肥後(熊本県)の大名になった武将です。 軍事だけでなく財務や内政、築城も得意としており、肥後の発展に大いに貢献しました。 民衆からの支持を受けて死後に神格化され、「清正公(せいしょこ)さん」と呼ばれて親...
2018.04.18
戦国時代

徳川家康はどうして大坂の陣で豊臣秀頼を滅ぼしたのか?

徳川家康は1615年、大坂夏の陣と呼ばれる戦いで豊臣秀頼を滅ぼしました。 家康が天下人になったのは1603年のことで、それから約10年の間、豊臣家を臣従させようと試みるなどしていましたが、最終的にはその血を絶やしてしまっています。 ...
2018.04.18