吉田松陰

幕末

久坂玄瑞 吉田松陰の後を継ぎ、尊王攘夷に奔走した志士の生涯

久坂玄瑞(くさか げんずい)は吉田松陰の弟子となり、幕末に尊王攘夷派を主導した人物です。 松陰の死後にその志と思想を引き継ぎ、長州藩の藩論を塗り替え、同志たちとともに主導権を握りました。 以後は京都で活動し、攘夷派の公卿たちと手...
2018.04.18
幕末

吉田松陰 松下村塾を開き、長州藩の変革を促した思想家の生涯について

吉田松陰は幕末に思想家・教育者、そして革命家として活動した人物です。 日本が西洋諸国から圧迫を受け、いずれは植民地にされてしまうのではないかと危惧された状況下で、いち早く国体を変革するための思想を打ち立てました。 それは徳川幕府...
2018.04.18
幕末

佐久間象山 幕末に洋学の第一人者として活躍した、天才学者の生涯について

佐久間象山(しょうざん)は幕末に活躍した洋学者であり、思想家です。 ペリーの来航以前から洋式軍艦を備え、海岸に大砲を設置することを献言するなど、時代の先を読む能力を備えていました。 やがて江戸に塾を開き、吉田松陰や勝海舟、坂本龍...
2018.04.18
幕末

ペリーはどうして黒船を用いて日本に開国を迫ったのか?

1853年にアメリカ海軍の提督マシュー・ペリーが浦賀沖に艦隊を率いて姿を表し、日本に開国を迫りました。 そして翌年には日米和親条約が結ばれ、徳川幕府はそれまでの海外渡航や交易を制限する鎖国政策を転換し、西欧の列強諸国と国交を持つことに...
2018.04.18