小早川秀秋

戦国時代

小早川隆景 「毛利の両川」として、元就や輝元を支えた名将の生涯について

小早川隆景は毛利元就の三男として生まれ、毛利氏の勢力の拡大と維持に大きく貢献した人物です。 水軍を統括して厳島の戦いなどで活躍した他、外交や統治面でも優れた働きを見せています。 天下人となった豊臣秀吉からは為政者として大きな評価...
2018.04.18
戦国時代

石田三成はどうして関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れたのか?

石田三成は豊臣秀吉の死後、豊臣政権を守るために徳川家康に戦いを挑みます。 そして10万を超える軍勢を集めることに成功し、関ヶ原で家康と、有利な状況を作った上で対峙します。 しかし三成は、ついにこの戦いに勝利することはできませんで...
2018.04.19
戦国時代

小早川秀秋はどうして関ヶ原の戦いで東軍に寝返ったのか?

小早川秀秋は関ヶ原の戦いにおいて西軍を裏切り、東軍の勝利を決定づけたことで知られています。 その一点でのみ歴史に名を残している、と言ってもよいでしょう。 しかし秀秋がどのような来歴の人物であったのかはあまり知られていません。 ...
2018.04.19
戦国時代

黒田官兵衛はどうして関が原の戦いにおける長政の活躍を苦々しく思ったのか?

黒田官兵衛は名軍師として知られる戦国時代の武将ですが、「策が多く野心に満ちた人物であった」と見なされることが多い人でもあります。 しかし官兵衛は、生涯で一度も主君を裏切ったことはありません。 初め小寺政職に仕え、ついで羽柴秀吉に...
2018.04.19