徳川家康

織田

織田信長の「天下布武」 その道のりの全て

織田信長は尾張(愛知県)の一領主から身を起こし、最終的に天下を統一する直前にまで勢力を拡大しました。 これは運や偶然ではなく、「天下布武」という方針を掲げて戦国時代の終焉を目指した結果です。 信長は単なる領地拡大の野心を持ってい...
2018.04.18
織田

前田利家 「槍の又左」から加賀百万石の大名にまで出世した勇将の生涯について

前田利家は織田信長に仕え、槍の名手として知られた武辺者でしたが、長じてからは軍の指揮官として活躍するようになります。 やがては能登一国の主となり、豊臣秀吉の信頼を得て90万石の大名にまで出世しています。 晩年には徳川家康とも張り...
2018.04.18
戦国時代

大谷吉継 石田三成との友情に殉じた義将の生涯について

大谷吉継は関ヶ原の戦いで西軍の首謀者となり、決戦場でも力を尽くして戦い抜いた武将です。 吉継はもともとは徳川家康の実力を高く評価してその味方になっており、石田三成にも家康に恭順するようにと勧めていました。 しかし三成の家康打倒の...
2018.04.18
戦国時代

長宗我部盛親 土佐を失い、大坂の陣に再起をかけた不屈の武将の生涯について

長宗我部盛親は土佐(高知)の大名・長宗我部元親の4男でしたが、父に強く推されてその後継者となります。 しかし父の死後、関ヶ原の戦いで西軍についてしまい、何もできないまま敗者となって領地を失います。 その後は長らく浪人生活を送りま...
2018.04.18
戦国時代

真田幸村はどうして大坂城の南に真田丸を築いたのか?

真田幸村は「大坂冬の陣」の戦いにおいて、大坂城の南に真田丸という出城を築きました。 そしてそこを拠点として防戦にあたり、徳川方の攻撃を防ぎつつ、多大な損害を与えることに成功します。 この文章では真田丸と、それをめぐる戦いの様相に...
2018.04.18
織田

木下藤吉郎が豊臣秀吉を名のるまで

羽柴秀吉は関白になって豊臣秀吉を名のるようになり、天下人としての地位を手に入れました。 秀吉は元々は低い身分の出で、そこに至るまでの過程で何度も名前を変えています。 この文章では、秀吉の名前の変化とともに訪れた、彼の出世の道のり...
2018.04.19
織田

松平元康が徳川家康を名のるまで

征夷大将軍となり、幕府を開いて天下を制した徳川家康は、その生涯において何度も名前を変えています。 はじめは人に支配される立場から始まり、やがて独立し、三河の国主となるに従って、その名前も変遷していきます。 この文章では、家康の名...
2018.04.18
戦国時代

真田信幸(信之)は、どうして昌幸や信繁とは別の道を歩んだのか?

真田信幸は高名な昌幸の長男で、真田家を発展させつつ、長く存続させることに成功した人物です。 昌幸や弟の幸村(信繁)に比べるとさほど知られていませんが、彼もまた、優れた能力を備えて戦国の世を生き抜いたつわものです。 この文章では、...
2017.12.28
織田

長篠の戦いで織田信長が武田勝頼に圧勝できたワケ

織田信長は1575年に、長篠で武田勝頼と戦って大勝利を収めました。 それまで武田軍は信長と、同盟者の徳川家康の前に強敵として立ちふさがっていましたが、この一戦によって優れた将兵を数多く失い、衰退の道をたどることになります。 この...
2018.09.25
戦国時代

徳川家康はどうして大坂の陣で豊臣秀頼を滅ぼしたのか?

徳川家康は1615年、大坂夏の陣と呼ばれる戦いで豊臣秀頼を滅ぼしました。 家康が天下人になったのは1603年のことで、それから約10年の間、豊臣家を臣従させようと試みるなどしていましたが、最終的にはその血を絶やしてしまっています。 ...
2018.04.18