織田信長

織田

浅井長政はどうして織田信長を裏切って朝倉義景に味方したのか?

北近江(滋賀県)の大名・浅井長政は織田信長と同盟を結び、京への上洛に協力しました。 しかし信長が越前(福井県)の朝倉義景を攻めたことをきっかけに決裂し、裏切って敵に回っています。 そして石山本願寺や武田信玄と手を結んで包囲網を形...
2018.04.18
戦国時代

徳川家康 将軍となって江戸幕府を開いた男の生涯

徳川家康は三河(愛知県東部)の小領主から身を起こし、織田信長と同盟を結んで勢力を伸ばした人物です。 子どもの頃に人質になったり、武田信玄に苦戦したり、豊臣秀吉に臣従したりと数多くの苦難を経験しましたが、最終的には天下を制しています。 ...
2018.04.18
織田

柴田勝家 信長の筆頭家老として活躍した猛将の生涯について

柴田勝家は戦国時代に織田信長の重臣として活躍した武将です。 「日本で最も勇猛果敢」と評されたほどに戦場での働きが優れていました。 信長の父・信秀の代から織田氏に仕えていましたが、一時は信長と敵対したため、用いられなかった時期もあ...
2018.04.18
織田

織田信長の「天下布武」 その道のりの全て

織田信長は尾張(愛知県)の一領主から身を起こし、最終的に天下を統一する直前にまで勢力を拡大しました。 これは運や偶然ではなく、「天下布武」という方針を掲げて戦国時代の終焉を目指した結果です。 信長は単なる領地拡大の野心を持ってい...
2018.04.18
織田

前田利家 「槍の又左」から加賀百万石の大名にまで出世した勇将の生涯について

前田利家は織田信長に仕え、槍の名手として知られた武辺者でしたが、長じてからは軍の指揮官として活躍するようになります。 やがては能登一国の主となり、豊臣秀吉の信頼を得て90万石の大名にまで出世しています。 晩年には徳川家康とも張り...
2018.04.18
織田

織田信秀 信長の飛躍の礎を築いた「尾張の虎」

織田信秀は信長の父親で、尾張(愛知県)に一大勢力を築いた戦国大名です。 知勇にすぐれ、「尾張の虎」ともあだ名されて恐れられました。 彼の築いた勢力は、後に信長が大きな飛躍をとげるための基盤となります。 この文章では、そんな...
2018.04.18
織田

明智光秀はどうして本能寺の変で織田信長を討ったのか?

明智光秀は低い身分から織田信長に引き立てられ、多くの領地や軍の指揮権を与えられた武将です。 しかしやがて光秀は謀反を起こし、京都の本能寺で織田信長を討ちました。 そして天下人になることを目指しますが、その野心は世から受け入れられ...
2018.04.18
織田

木下藤吉郎が豊臣秀吉を名のるまで

羽柴秀吉は関白になって豊臣秀吉を名のるようになり、天下人としての地位を手に入れました。 秀吉は元々は低い身分の出で、そこに至るまでの過程で何度も名前を変えています。 この文章では、秀吉の名前の変化とともに訪れた、彼の出世の道のり...
2018.04.19
織田

松平元康が徳川家康を名のるまで

征夷大将軍となり、幕府を開いて天下を制した徳川家康は、その生涯において何度も名前を変えています。 はじめは人に支配される立場から始まり、やがて独立し、三河の国主となるに従って、その名前も変遷していきます。 この文章では、家康の名...
2018.04.18
織田

長篠の戦いで織田信長が武田勝頼に圧勝できたワケ

織田信長は1575年に、長篠で武田勝頼と戦って大勝利を収めました。 それまで武田軍は信長と、同盟者の徳川家康の前に強敵として立ちふさがっていましたが、この一戦によって優れた将兵を数多く失い、衰退の道をたどることになります。 この...
2018.09.25