豊臣秀吉

堀秀政が「名人」と呼ばれたワケ

堀秀政《ひでまさ》は織田信長や豊臣秀吉に仕え、その才能を愛された武将です。 「名人」という異名で呼ばれたことでも知られているのですが、この文章では秀政の生涯や、異名の由来を紹介していきたいと思います。 美濃で生まれ、織田信長に取り立...
2018.04.18
織田

墨俣一夜城 豊臣秀吉と蜂須賀小六の出世物語

豊臣秀吉はまだ木下秀吉と名のっていた頃に、墨俣(すのまた)の地に短期間で城を築き、大いに名を上げたことがありました。 当時、秀吉は織田信長に仕えており、美濃(みの)(岐阜県)の攻略戦に参加しています。 秀吉は初め、信長の身辺の雑...
2018.04.19
戦国時代

石田三成が忍城を攻略できなかったワケ

豊臣秀吉は1590年に天下統一の事業を完成させるべく、関東の北条氏の討伐を実施しました。 そして北条氏の本拠である小田原城を15万の大軍で包囲しつつ、別働隊に関東の諸城の攻略を命じます。 この流れを受け、石田三成や大谷吉継、長束...
2018.04.18
織田

徳川家康はいかにして井伊直政を育成したか

優れた戦国大名の元には優れた人材が集うものですが、最終的に覇者となった徳川家康にも、優れた家臣たちが仕えていました。 その中でも本多忠勝・榊原《さかきばら》康政・酒井忠次・井伊直政は「四天王」と呼ばれ、特に秀でた能力を持っていたことで...
2018.04.18
織田

徳川家康はどうして小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉と互角に渡り合えたのか?

徳川家康は1584年、織田信雄とともに羽柴秀吉に戦いを挑みました。 この時の戦力は、徳川・織田連合軍が3万、羽柴軍が10万で、大きな差が開いていました。 にも関わらず、家康は小牧・長久手の戦いで勝利し、秀吉と正面から戦いながらも...
2018.04.18
戦国時代

小早川隆景 「毛利の両川」として、元就や輝元を支えた名将の生涯について

小早川隆景は毛利元就の三男として生まれ、毛利氏の勢力の拡大と維持に大きく貢献した人物です。 水軍を統括して厳島の戦いなどで活躍した他、外交や統治面でも優れた働きを見せています。 天下人となった豊臣秀吉からは為政者として大きな評価...
2018.04.18
戦国時代

立花宗茂 「日本無双」と呼ばれた名将の生涯について

立花宗茂は戦国時代に、主に九州で活躍した武将です。 「立花の3千は他家の1万にも匹敵する」と言われたほどの精強な軍団を率い、各地の戦いで目覚ましい武功を立てました。 宗茂の指揮能力は際立って優れており、そのうえ武術の達人でもあっ...
2021.05.19
戦国時代

豊臣秀次はどうして秀吉によって抹殺されたのか?

豊臣秀次は秀吉の養子となって関白の地位についた人物です。 元々は秀吉の甥でしたが、秀吉に実子がいなかったことから重用されるようになり、成長するにつれて順調に地位が高まっていきました。 そしてついに天下人の後継者に指名されて関白に...
2018.04.18
戦国時代

徳川家康 将軍となって江戸幕府を開いた男の生涯

徳川家康は三河(愛知県東部)の小領主から身を起こし、織田信長と同盟を結んで勢力を伸ばした人物です。 子どもの頃に人質になったり、武田信玄に苦戦したり、豊臣秀吉に臣従したりと数多くの苦難を経験しましたが、最終的には天下を制しています。 ...
2018.04.18
戦国時代

加藤清正 熊本城を築いた「清正公さん」の生涯について

加藤清正は豊臣秀吉に仕え、肥後(熊本県)の大名になった武将です。 軍事だけでなく財務や内政、築城も得意としており、肥後の発展に大いに貢献しました。 民衆からの支持を受けて死後に神格化され、「清正公(せいしょこ)さん」と呼ばれて親...
2018.04.18