豊臣秀頼

織田

「豊臣秀吉が天下人になれたワケ」という電子書籍を近いうちに発売します

目次 内容のご紹介 販売開始をメールやSNSでお知らせします 試し読みはこちら 内容のご紹介 現在、「豊臣秀吉が天下人になれたワケ」という電子書籍を作成しています。 文章はおおむね完成していますので、近いうちに発売で...
2018.04.18
戦国時代

豊臣秀次はどうして秀吉によって抹殺されたのか?

豊臣秀次は秀吉の養子となって関白の地位についた人物です。 元々は秀吉の甥でしたが、秀吉に実子がいなかったことから重用されるようになり、成長するにつれて順調に地位が高まっていきました。 そしてついに天下人の後継者に指名されて関白に...
2018.04.18
織田

茶々(淀殿) 豊臣秀頼を生んだ女性の生涯について

茶々(ちゃちゃ)は豊臣秀吉の妻となって秀頼を生み、やがて豊臣家の実権を握った女性です。 浅井氏と織田氏の一族に生まれ、戦乱の中で父と母を失いました。 そして自身も大坂の陣という大戦に敗れ、豊臣家を滅亡に導いてしまっています。 ...
2018.04.18
戦国時代

後藤又兵衛(基次) 黒田家に仕え、大坂の陣で散った豪傑の生涯について

後藤又兵衛は黒田官兵衛・長政親子に仕え、数多くの戦場で勇名を馳せた武将です。 格闘能力に優れ、敵軍の動きを見抜く戦術眼を備え、時には兵器を開発することもあるなど、戦いに関する豊富な能力を備えていました。 やがてはその功績によって...
2018.04.18
戦国時代

真田幸村はどうして大坂城の南に真田丸を築いたのか?

真田幸村は「大坂冬の陣」の戦いにおいて、大坂城の南に真田丸という出城を築きました。 そしてそこを拠点として防戦にあたり、徳川方の攻撃を防ぎつつ、多大な損害を与えることに成功します。 この文章では真田丸と、それをめぐる戦いの様相に...
2018.04.18
戦国時代

徳川家康はどうして大坂の陣で豊臣秀頼を滅ぼしたのか?

徳川家康は1615年、大坂夏の陣と呼ばれる戦いで豊臣秀頼を滅ぼしました。 家康が天下人になったのは1603年のことで、それから約10年の間、豊臣家を臣従させようと試みるなどしていましたが、最終的にはその血を絶やしてしまっています。 ...
2018.04.18
戦国時代

毛利勝永 大阪の陣で輝いたもう一人の勇将

毛利勝永は豊臣秀吉の家臣で、「大坂夏の陣」の戦場で大活躍した武将です。 この時に活躍した武将の中では真田幸村(信繁)が最も有名ですが、勝永もそれに劣らぬ働きを見せています。 この文章では豊臣家に仕え、その最後を見届けた武将につい...
2018.04.19
戦国時代

真田幸村(信繁) はどのような人物だったのか?

真田幸村は大坂の陣で活躍し、「日本一の兵(つわもの)」とまで称された武将です。 戦国時代の最後の戦いを飾った武将として半ば伝説化したため、美化して語られることが多い人物でもあります。 この文章では、そんな幸村がどのような生涯を送...
2018.04.19