北条氏康はどうして河越夜戦で上杉憲政や足利晴氏の大軍に勝利できたのか?

スポンサーリンク

足利晴氏が参戦し、河越城が大軍に包囲される

氏康が義元との和睦を成立させた頃、河越城では両上杉氏に加え、古河公方の足利晴氏も包囲に参加していました。

晴氏は氏康の妹婿で、本来は北条氏に味方する立場でした。

しかしこの時には北条氏の勢いが強くなりすぎていたことから、一度叩いて弱らせた方がよいと考えるようになっていたのです。

古河公方と関東管領が足並みを揃えたことで、呼びかけを受けた関東の諸大名がこぞってこの包囲陣に加わり、最終的には8万という大軍に膨れ上がりました。

諸大名たちはいずれも古くから関東を支配する名族の主たちで、新興勢力であり、関東を好きなように荒らし回っていた北条氏を、この機に打ちのめしたいという欲求があったのでしょう。

いわゆる「出る杭は打たれる」という状態に北条氏は陥りました。

8万は、関ヶ原の戦いの東軍の兵力にも匹敵するほどの大戦力で、氏康は絶体絶命の危機を迎えたことになります。

北条綱成が持ちこたえる

この時に河越城を守備していたのは、氏康の義弟・北条綱成(つなしげ)でした。

元々は今川氏の家臣・福島氏の出身でしたが、父親が政争に敗れたために小田原に逃れ、氏綱の庇護を受けていました。

やがてその優れた才覚によって、綱成は氏綱に認められるようになります。

そして氏綱の娘婿となり、北条一門に加わりました。

綱成は戦上手な人物で、この時の守備兵は3千でしかありませんでしたが、兵糧が豊富に蓄えられていた影響もあり、半年以上に渡って河越城を守り通しています。

この綱成の健闘のおかげで、氏康は義元との和睦をまとめ、河越城の救援に向かうまでの猶予を得ることができました。

氏康が救援に向かい、降伏を申し出る

この時に氏康が動かせる兵力は8千ほどで、敵の10分の1でしかありませんでした。

このため、氏康は足利晴氏らに「城を明け渡すから城兵の命を助けてほしい」と申し入れます。

そして「これまで奪った領地を返還し、晴氏様にお仕えする」とまで言って譲歩しますが、大軍を要する晴氏や上杉憲政らはこれを一蹴し、付近まで進軍していた氏康軍に攻撃をしかけて来ました。

氏康はこれに応じず、ただちに軍を撤退させています。

この氏康の対応によって、晴氏や憲政らは氏康は戦意が低く、弱気になっているとみなしました。

圧倒的な戦力差がついていたことから、すでに勝ったような気分になり、晴氏らは油断をし始めます。

また、この頃には滞陣が半年という長期に及んでいたことから、将兵たちの士気も緩み始めていました。

つまり、氏康が付け入る隙が生じていた、ということになります。

氏康の計画

氏康はこの大軍を討ち破るには、奇襲作戦を用いるしかないと判断していました。

このため、あらかじめ綱成の弟・福島勝広を河越城に送り、奇襲作戦を実施する予定であることを知らせようとします。

勝広は城を包囲する大軍の間を密かに通り抜け、見事にこの伝令の役目を果たしています。

氏康の先の降伏の申し出と、戦わずして撤退したふるまいは、包囲軍を油断させるための計略だったのです。

これを成功させて敵の警戒を弱めると、氏康は間もなく奇襲作戦を実行に移しました。

奇襲作戦

氏康はまず8千の自軍を4つの部隊に分け、そのうちの1隊を予備兵として残し、重臣の多目元忠(ため もとただ)に任せます。

氏康は夜になると、残りの6千を率いて密かに敵陣へと接近していきました。

この時に氏康は、兵士たちに鎧や兜を脱がせて身軽にさせ、物音を立てずに敵に近づけるように工夫をこらしました。

そして午前0時ごろの深夜、氏康は部隊をそれぞれ上杉軍の陣地に突入させ、奇襲攻撃を開始します。

氏康の降伏の申し入れと、先の撤退によって油断しきっていた上杉軍は、まったく警戒せずに眠りこけていました。

このために奇襲にまったく対応できず、混乱して敵と味方の見分けがつかないような状態に陥ります。

上杉憲政も上杉朝定も、指揮を取るどころではなく、上杉軍は同士討ちすら始めてしまいます。

この乱戦のさなか、氏康の軍勢は上杉朝定を討ち取り、連合軍の主力の一角を壊滅させます。

もうひとりの指揮官である憲政は、朝定が討ち取られたと知ると、直ちに逃走を始め、かろうじて戦場を脱出しましたが、追撃を受けた際に重臣を何人も失い、甚大な被害を受けています。

氏康は勝ちに乗じてさらに敵陣に深く切り込んでいきますが、混乱から敵が立ち直ると、少数の北条軍は危機に陥る可能性がありました。

このため、氏康が踏み込みすぎていると見た多目元忠は、法螺貝を鳴らして撤退の合図を送り、これを受けて氏康は引き上げています。

【次のページに続く▼】