ジョギングをする日はかぼちゃを食べよう

秋・冬はかぼちゃが旬の季節ですが、かぼちゃは運動する日に食べると体にいいって知っていましたか?

私はついこのまえ知りました。

どうしてかぼちゃを食べると体にいいの?

運動をすると活性酸素がたまって老化を促進させますが、かぼちゃにはこの活性酸素を除去する力があるのです。

具体的にはビタミンA・C・Eといった、抗酸化作用があるビタミンが全て含まれていますので、活性酸素への対策に最適なわけです。

ですので、ジョギングなどの運動をする日にはかぼちゃを食べておくと、副作用とも言える体の老化を軽減することができます。

そしてかぼちゃは食物繊維が豊富で、腸内環境を改善してくれる効果もあります。

また、糖質も含まれますので、運動で消費したエネルギーの回復にも適しています。

このように、運動をする人にとってよい効果ばかりですので、秋と冬の間は、なるべくかぼちゃを食べましょう♪

含まれる栄養素のまとめ

・抗酸化作用
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE

・ビタミンAの補充
βカロチン

・エネルギーの補充
糖質

・余分な塩分を排出し、筋肉の動きをスムーズに
カリウム

・腸内環境の改善
食物繊維

適した食べ方

かぼちゃに含まれるβカロチンやビタミンEは、脂質と一緒に食べると吸収がよくなります。

ですので、天ぷらやマヨネーズをあえたサラダなどが最適な食べ方です。

天ぷらのメニューとしてかぼちゃは定番ですけども、ちゃんと理由があったんですね。

調理の方法と栄養の吸収のしやすさの関係は、調べてみるとなかなかおもしろいです。