卑弥呼 邪馬台国を治めた女王 天皇家との関わりは

スポンサーリンク

九州説と畿内説

いくつかある説のうち、九州説と畿内説が有力で、これに加えて四国説も存在しています。

畿内説をとると、3世紀の時点ですでに畿内から九州にまたがる大規模な政権が誕生していたことになります。
(九州も抑えていないと連絡路が確保できず、魏と外交ができないためです)

九州説では、九州と畿内に二つの別の政権があり、いずれかが吸収されて後の大和政権になったとされています。

このあたりは長年に渡って研究者たちが議論をしても結論が出ておらず、はっきりとした物証が見つからない限り、未確定の状態が続くことでしょう。

個人的な見解を記すと、魏の情勢の変化に素早く対応していることから、邪馬台国は地理的に近い九州の地方政権だったとみなすのが、妥当なのではないかと感じられます。

魏志倭人伝には、倭国は公孫淵が支配していた頃から帯方郡に帰属していた、とも記されていますが、魏の一地方勢力に従っていたことから、国際的にみると大きな国ではなかったことがうかがえます。

このことから、まだ畿内から九州にまたがるほどの大規模な政権は、日本には存在していなかったのではないかと思われます。

卑弥呼と天皇との関わり

卑弥呼が天皇と関わりがあるのかどうかについてですが、『日本書記』に登場する神功じんぐう皇后を卑弥呼だとみなす説がありました。

神功皇后は夫である仲哀ちゅうあい天皇が戦死した後、その遺志をついで熊襲くまそを討伐したとされる女傑です。
(実在の人物だったのかは不明ですが)

この熊襲の討伐が、卑弥呼と狗奴国の争いになぞらえられています。

その後、神功皇后は新羅しらぎ(朝鮮半島の南東部にあった国)に遠征したとも記されているのですが、卑弥呼は狗奴国との争いからほどなくして亡くなっており、このあたりはかみ合いません。

そもそも新羅が成立し、倭が攻めこんで従属させたのは4世紀末のことですので、年代も合っていません。

また、卑弥呼や壱与の時代には、魏が朝鮮半島に対しても、倭に対しても支配的な立場にあり、その影響力を無視して勝手に外征を始めたというのも、考えにくい話です。

これらのことから、卑弥呼と神功皇后を同一とみなすのには無理があり、卑弥呼の一族と天皇の関係は不明となっています。

邪馬台国が発展し、後に大和政権を樹立して支配者が天皇になったのだとすると、つながりがあることになりますが、仮説の域を出ません。

一方で、宗教の祭祀者が中心になって政権を作るという仕組みは、天皇制のあり方に通じるところがあります。

謎が多い卑弥呼

卑弥呼はこのように、どこにあった国の女王なのか、大和政権とは関わっているのか、いないのかなど、謎が多く残された人物です。

そのような状況が続いているのは、当時の日本には文字によって記録を残す文化がなく、日本人自身の手による歴史がうかがえないことによります。

それゆえに小説や漫画など、創作の対象になりやすく、卑弥呼を題材とした作品がいくつも作られています。

不明なところが多いからこそ、人々の想像をかき立て、興味を抱かれるという面があるのでしょう。

スポンサーリンク
古代
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物