織田

斎藤

稲葉一鉄(良通) 戦乱の世を頑固に生き抜いた一徹者の生涯

稲葉一鉄《いってつ》は戦国時代に斎藤道三や織田信長に仕え、戦場や外交で活躍した武将です。 「一鉄」は出家した際の号で、「頑固一徹」の語源になったと言われています。 そのように言われるだけのことはあり、硬骨な人物で、戦国時代の流れ...
2018.04.18

堀秀政が「名人」と呼ばれたワケ

堀秀政《ひでまさ》は織田信長や豊臣秀吉に仕え、その才能を愛された武将です。 「名人」という異名で呼ばれたことでも知られているのですが、この文章では秀政の生涯や、異名の由来を紹介していきたいと思います。 美濃で生まれ、織田信長に取り立...
2018.04.18
織田

織田信長が第六天魔王を名のったワケ

織田信長は自ら「第六天魔王だいろくてんまおう」と名のったとされており、このために「魔王」と称されることがしばしばあります。 【魔王を名のったと言われる織田信長】 これは信長が1573年に、甲斐の大名・武田信玄から挑戦状を...
2018.04.18
織田

前田利長 過ちを責めず、長所を見て人を用いる

前田利長としながは、加賀百万石の領国を築いた利家の嫡男(ちゃくなん)で、父に劣らず武勇に優れた人物でした。 その才能を織田信長からも愛されており、信長の四女・永姫(えいひめ)を正室として迎えています。 主だったところでは、豊臣秀...
2018.04.18
織田

墨俣一夜城 豊臣秀吉と蜂須賀小六の出世物語

豊臣秀吉はまだ木下秀吉と名のっていた頃に、墨俣(すのまた)の地に短期間で城を築き、大いに名を上げたことがありました。 当時、秀吉は織田信長に仕えており、美濃(みの)(岐阜県)の攻略戦に参加しています。 秀吉は初め、信長の身辺の雑...
2018.04.19
織田

徳川家康はいかにして井伊直政を育成したか

優れた戦国大名の元には優れた人材が集うものですが、最終的に覇者となった徳川家康にも、優れた家臣たちが仕えていました。 その中でも本多忠勝・榊原《さかきばら》康政・酒井忠次・井伊直政は「四天王」と呼ばれ、特に秀でた能力を持っていたことで...
2018.04.18
織田

徳川家康はどうして小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉と互角に渡り合えたのか?

徳川家康は1584年、織田信雄とともに羽柴秀吉に戦いを挑みました。 この時の戦力は、徳川・織田連合軍が3万、羽柴軍が10万で、大きな差が開いていました。 にも関わらず、家康は小牧・長久手の戦いで勝利し、秀吉と正面から戦いながらも...
2018.04.18
織田

比叡山は三度焼かれる – 織田信長に至る、比叡山焼き討ち事件の経緯について

比叡山・延暦寺は織田信長に焼き討ちを受けたことで知られていますが、武家との抗争はこれが初めてではなく、三度も主要な建物が焼失する事件が発生しています。 比叡山焼き討ち事件は、場所が寺院であるだけに、刀や槍を持った武士たちが、無力な僧侶...
2018.04.18
織田

滝川一益 信長の軍団長として活躍した、知勇兼備の名将の生涯について

滝川一益(かずます)は織田信長に仕え、その重臣として活躍した人物です。 戦闘に強く、調略や外交もこなせる優れた武将で、主に伊勢(三重県)方面の攻略で活躍しました。 やがて大名になり、関東を統括する軍団長に任命されるほどに出世しま...
2021.05.30
織田

羽柴秀吉はどうして清洲会議や賤ヶ岳の戦いで、柴田勝家に勝利できたのか?

織田信長が本能寺の変で急死した後、織田氏の内部では、羽柴秀吉と柴田勝家の抗争が発生しました。 秀吉は、信長を殺害した明智光秀を討った功績によって、それまで筆頭家老であった勝家よりも有利な立場を手に入れます。 そして信長の遺産の分...
2018.04.18