堀秀政が「名人」と呼ばれたワケ

スポンサーリンク

秀政ひでまさは織田信長や豊臣秀吉に仕え、その才能を愛された武将です。

「名人」という異名で呼ばれたことでも知られているのですが、この文章では秀政の生涯や、異名の由来を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

美濃で生まれ、織田信長に取り立てられる

秀政は1553年に美濃みの(岐阜県)で、堀秀重ひでしげの長男として生まれました。

父は5千石の領地を信長から与えられていた、中堅どころの武将です。

こうした家に生まれた秀政は、13才の時に信長から小姓こしょうとして取り立てられ、側近として活動するようになりました。

秀政は美少年であったことから、信長の目にとまったのだとも言われています。

しかし、秀政は諸事に細やかな配慮ができる人柄であり、その才覚を気に入られた、というのが実際のところだと思われます。

信長は見た目がよいだけの、実務の役に立たない人間を取り立てることはないからです。

行政と軍事に活躍する

秀政ははじめ、信長の側で各種の奉行を務め、行政官としての実績を積み上げていきました。

具体的には将軍・足利義昭の住まいであった本圀寺ほんこくじや、安土におけるキリスト教徒たちの屋敷の建築を担当しています。

やがて軍事面でも用いられるようになり、越前の一向一揆の鎮圧や、天正伊賀の乱などで戦功を立てています。

従兄弟の直政を家臣にする

こうした戦いの中で、秀政は従兄弟の奥田直政なおまさと、ある勝負をしました。

それは、ともに出陣した戦いの中で競争をして、より多くの手柄を立てた方に、手柄を立てられなかった方が仕える、というものでした。

そうすることで両者が協力し、堀か奥田か、どちらかの家を栄えさせていこう、というのが二人の勝負の趣旨です。

これに秀政が勝利を収め、以後、奥田直政は堀直政と名のりを変え、秀政の忠実な家臣として仕えるようになりました。

直政は秀政に劣らぬ有能な人物で、二人はやがて、約束通りに堀家に繁栄をもたらすことになります。

本能寺の変

秀政は1581年、28才の時に近江(滋賀県)坂田2万5千石の大名となり、順調に出世を遂げていきました。

元の家禄の5千石から5倍にもなっていますので、信長から相当に高い評価を受けていたことがうかがえます。

そして秀政は、中国地方で毛利氏と対戦している、羽柴秀吉の軍監ぐんかんとして派遣されることになります。

軍監とは、信長に代わって地方で戦う軍団長の監督をする役目で、この時期に秀吉の陣営に参加したことが、秀政の運命に大きな影響を及ぼしました。

秀政が中国地方に着任してから間もなく、1582年になると本能寺の変が発生し、信長が重臣の明智光秀に討たれます。

これを受けて秀吉は毛利氏と和睦し、軍勢を率いて畿内に戻りました。

秀政は秀吉に積極的に協力し、光秀との決戦となった山崎の戦いでは先鋒を担当します。

そして激戦を制して秀吉の勝利に貢献しました。

秀吉もまた信長と同じく、秀政の才能を愛し、この年のうちに「羽柴」の姓を秀政に与え、側近として起用しています。

そして秀政は近江の佐和山城を与えられ、信長の後継者となった三法師の傳役もりやく(教育係)に任じられるなど、重要な役割を担いました。

これが周囲から認められたことからして、秀政に対する織田氏一族からの評価もまた、相当に高かったことがうかがえます。

長久手の戦い

秀政の軍事的な才能がいかんなく発揮された挿話として、1584年の長久手ながくての戦いがあります。

この時に秀吉は10万もの大軍を動員し、徳川家康・織田信雄の連合軍3万と対峙していました。

秀吉の方が戦力的には有利だったのですが、家康は尾張おわり(愛知県)の小牧山城に立て籠もり、守りを固めて出撃しようとはしませんでした。

このために両軍はにらみあいとなり、戦況が膠着します。

この状況を打破しようとして、池田恒興つねおきという武将が秀吉に対し、別働隊を派兵して、家康の本拠である三河(愛知県西部)を攻略する作戦を提示しました。

これによって家康の足元を崩し、小牧山城から撤退させようとしたのです。

秀吉はこの作戦を承認し、甥の羽柴秀次ひでつぐを総大将とし、そして秀政にも出撃を命じました。

別働隊は池田隊6千、森長可ながよし(池田恒興の娘婿)隊3千、羽柴秀次隊8千、そして秀政が3千、合計で2万という陣容になりました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
織田 戦国時代 豊臣
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物