織田

織田

松永久秀は本当に極悪人だったのか?

松永久秀は低い身分の出身でありながらも、大和(奈良県)一国を支配する大名になり、高い官位を得て、将軍の側近にまで成り上がった武将です。 しかしその生涯において、主君の三好長慶の一族を暗殺し、将軍・足利義輝を殺害し、東大寺の大仏殿を焼き...
2018.04.18
織田

丹羽長秀 織田家の双璧と呼ばれ、軍事や行政に活躍した武将の生涯について

丹羽長秀は織田信長の重臣として活躍し、「織田家の双璧」とも呼ばれた優れた武将です。 軍事でも功績を上げていますが、安土城の普請奉行を務めるなど、行政面でも多くの実績を残しており、多方面に渡って活動しています。 織田家では「米五郎...
2018.04.18
織田

浅井長政はどうして織田信長を裏切って朝倉義景に味方したのか?

北近江(滋賀県)の大名・浅井長政は織田信長と同盟を結び、京への上洛に協力しました。 しかし信長が越前(福井県)の朝倉義景を攻めたことをきっかけに決裂し、裏切って敵に回っています。 そして石山本願寺や武田信玄と手を結んで包囲網を形...
2018.04.18
織田

柴田勝家 信長の筆頭家老として活躍した猛将の生涯について

柴田勝家は戦国時代に織田信長の重臣として活躍した武将です。 「日本で最も勇猛果敢」と評されたほどに戦場での働きが優れていました。 信長の父・信秀の代から織田氏に仕えていましたが、一時は信長と敵対したため、用いられなかった時期もあ...
2018.04.18
織田

茶々(淀殿) 豊臣秀頼を生んだ女性の生涯について

茶々(ちゃちゃ)は豊臣秀吉の妻となって秀頼を生み、やがて豊臣家の実権を握った女性です。 浅井氏と織田氏の一族に生まれ、戦乱の中で父と母を失いました。 そして自身も大坂の陣という大戦に敗れ、豊臣家を滅亡に導いてしまっています。 ...
2018.04.18
織田

藤堂高虎 8人の主君に仕え、伊勢32万石の大名にのしあがった「忠義の武将」の生涯について

藤堂高虎は近江の出身で、足軽から身を起こして各地を渡り歩き、8人もの主君に仕えた武将です。 最終的には徳川家康や秀忠に仕えて信頼され、伊勢の32万石の大名にまでのし上がっています。 初めは自身の立身のために励んでいましたが、やが...
2018.04.18
織田

山内一豊 妻の千代に助けられ、国持ち大名にまで出世した武将

山内一豊は織田信長の家臣で、豊臣秀吉、徳川家康とその時々の勝者に仕えることで戦乱の時代を生き延びた武将です。 それほど大きな功績を立てることはなかったものの、妻の千代の助けを得て着実に出世を遂げ、最後は土佐一国の主にまでなっています。...
2018.04.18
織田

織田信長の「天下布武」 その道のりの全て

織田信長は尾張(愛知県)の一領主から身を起こし、最終的に天下を統一する直前にまで勢力を拡大しました。 これは運や偶然ではなく、「天下布武」という方針を掲げて戦国時代の終焉を目指した結果です。 信長は単なる領地拡大の野心を持ってい...
2018.04.18
織田

前田利家 「槍の又左」から加賀百万石の大名にまで出世した勇将の生涯について

前田利家は織田信長に仕え、槍の名手として知られた武辺者でしたが、長じてからは軍の指揮官として活躍するようになります。 やがては能登一国の主となり、豊臣秀吉の信頼を得て90万石の大名にまで出世しています。 晩年には徳川家康とも張り...
2018.04.18
織田

織田信秀 信長の飛躍の礎を築いた「尾張の虎」

織田信秀は信長の父親で、尾張(愛知県)に一大勢力を築いた戦国大名です。 知勇にすぐれ、「尾張の虎」ともあだ名されて恐れられました。 彼の築いた勢力は、後に信長が大きな飛躍をとげるための基盤となります。 この文章では、そんな...
2018.04.18