織田

比叡山の焼き討ちと、明智光秀の出世

織田信長は1571年に、天台宗の総本山である比叡山・延暦寺を焼き討ちし、多くの僧と、そして民衆を殺害しました。 これは延暦寺が、信長と敵対していた浅井・朝倉氏に味方したことが契機になっています。 信長は浅井・朝倉と手を切るように...
三国志

董昭 曹操に魏王になるように勧めた参謀

董昭とうしょうは曹操や曹丕に仕えた参謀です。 曹操が献帝をその手中に握り、権勢を獲得するのに貢献しました。 また、曹操が魏公・魏王となり、やがて漢に取って代わるための動きを推進しています。 長命だったので、曹叡えいにも仕え...
三国志

于禁 曹操の元で活躍するも、関羽に降伏して評価を下げた将軍

于禁うきんは曹操に仕え、各地の戦いで活躍した将軍です。 張遼ちょうりょうや徐晃じょこうらと並び称され、名将だとして称賛を受けました。 やがて樊はん城が関羽の攻撃を受けた際に、救援におもむくのですが、川の氾濫によって陣営が水没して...
天皇家

聖徳太子(厩戸王) 古代日本の発展に尽くした英才の生涯

聖徳太子は古代の日本において、国政の改革や、新しい文物の吸収に力を尽くした人物です。 「十七条憲法」や「冠位十二階」などを制定し、国家体制の確立をはかりました。 また、仏教や暦など、外来の宗教、文化などを日本に定着させることにも...
三国志

鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

鄧艾とうがいは魏に仕えて活躍した将軍です。 蜀軍を率いる姜維きょういとたびたび対戦し、勝利を重ねます。 そして魏が蜀に侵攻した際に決定的な勝利を収め、蜀を滅亡させました。 鄧艾は農政官としても優れた能力を持っており、魏の食...
2020.07.22

電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています

電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
2020.11.26

どうして正史に『趙雲伝』が作られたのだろうか、という推測の話

趙雲ちょううんは『三国志演義えんぎ』を代表する人物の一人で、エンターテイメントの世界でもしばしば取り上げられています。 『真・三國無双』というゲームではよくパッケージに描かれていますし、彼を主人公にしたドラマなども製作されています。 こ...
2020.06.11
三国志

蒋済 文武に秀で、司馬懿と親しかった魏の忠臣

蒋済しょうさいは曹操から始まり、魏の三代の皇帝に仕えた人物です。 揚州の地方官として名をあげ、やがて朝廷で働くようになり、太尉たいい(大臣)にまで地位が昇りました。 文武のどちらにも長じており、作戦面でも活躍しています。 ...
戦国時代

明智光秀の妻 妻木煕子について

明智光秀の妻は、姓名を妻木煕子つまきひろこと言います。 生年は不明ですが、1530年ごろではないかと推測されています。 妻木氏は美濃みの(岐阜県)の土豪で、現在の土岐市妻木に山城を構えていました。 これは409メートルの山...
三国志

劉曄 漢王室の血を引きながら、魏の重臣となった智者の生涯

劉曄りゅうようは魏に使えた参謀です。 地方の反乱や張魯ちょうろの討伐の際に曹操に助言をし、勝利へと導いています。 一方で、漢王室の血を引いていることから、劉氏から曹氏へと権力が移り変わってゆく過程において、目立たぬようにと努めて...