藤原秀郷(俵藤太) 平将門を討ち取った武人の生涯と、その子孫について

スポンサーリンク

秀郷の子孫とされる人々

秀郷の子孫だとされる家系は非常に多いのですが、その中から代表的な一族や人物を紹介していきます。

平安時代の後半から鎌倉時代の初期において、奥州おうしゅう藤原氏という一族が東北を支配して繁栄しましたが、彼らは秀郷の子孫です。

この藤原氏は、奥州から採掘される金を用いて経済的に繁栄し、中央から遠く離れていたこともあって、東北に独立王国を形成しました。

源平合戦の頃には源義経を匿い、屈強な武士たちを供に加え、源頼朝の元に送り出したことでも知られています。

関東では、下総の結城ゆうき氏が秀郷の子孫で、戦国時代には家康の次男、秀康を養子にしています。

秀郷の本拠だった下野や常陸、上野こうずけ(群馬県)、相模さがみ(神奈川県)など、関東には広範囲に秀郷の子孫がいて、大小の武家として活動しています。

また、畿内では近江おうみ(滋賀県)の蒲生氏が秀郷の子孫で、戦国時代には蒲生氏郷うじさとが輩出され、会津91万石の大名となり、立身を遂げています。

氏郷の「郷」の字は、秀郷にあやかったものだと言われています。

氏郷は東北の抑えとして秀吉に遇されていましたので、さながら秀郷の鎮守府将軍を継承したような立場にありました。

それ以外には、「忠臣蔵」で知られる大石内蔵助くらのすけもまた、秀郷の子孫です。

この大石氏は、元は関東の小山氏の一族でしたが、近江の大石庄に土着して、大石氏を名のるようになりました。

そして浅野氏に仕え、大坂の陣で活躍したことから家老として重用されるようになり、やがて子孫の内蔵助が、忠臣蔵の事件に遭遇することになります。

また、九州にも秀郷の子孫が多く、大友氏や龍造寺りゅうぞうじ氏、立花氏など、北九州で活躍した武家が目立っています。

その他には、よく使われている「佐藤」「近藤」「伊藤」「内藤」「武藤」「斎藤」といった姓もまた、秀郷の子孫の姓であり、地名や官職名と「藤」の字が合わさることで、それらの姓が生まれていったようです。

このように、秀郷は日本中の武家と多くの家系に対し、広く影響を及ぼしているのでした。

【次のページに続く▼】