蜀学者

秦宓 隠者に憧れるも、文才によって世に顕れた蜀の学者

秦宓しんみつは蜀に仕えた学者です。 弁論と文章に優れており、隠者の生活を好んでいたものの、やがて招聘を受けて仕官しました。 そして諸葛亮から側近に抜擢され、呉の使者と当意即妙のやりとりをして、蜀の学者の能力の高さを示しています。...

郤正 魏への降伏文書を作成し、劉禅に随行した蜀の文学者

郤正げきせいは文章力に優れていた、蜀の学者です。 蜀が健在な頃にはさほど出世をしませんでしたが、魏に降伏する際に、その文書を作成する役目を果たしました。 そして劉禅が洛陽に向かう際に、単身で随行し、劉禅が失敗をしないように補佐し...

譙周 劉禅に降伏を決断させた蜀の儒学者

譙周しょうしゅうは蜀に仕えた学者です。 儒学を深く学び、蜀を代表する優れた学者となりました。 たびたび蜀の政治に意見を述べていましたが、衰退は止められず、魏軍に攻めこまれる事態となります。 その際に、譙周は劉禅を説得して魏...

孟光 権謀・才知を重視して直言をなし、人に嫌われた蜀の学者

孟光もうこうは蜀に仕えた学者です。 特に史学に通じ、蜀の宮中のしきたりを制定するのに貢献し、やがて大司農(農務大臣)にまで昇進しました。 しかし、人の誤りを厳しい言葉で糾弾していたので、やがて嫌われるようになり、このために以後は...

杜瓊 予言をみだりに口にしなかった、慎み深く賢明な蜀の学者

杜瓊とけいは蜀に仕えた学者です。 学識に優れ、儀礼や宗廟などを司る地位を歴任し、高く評価されました。 一方で未来を予測する術にも通じていましたが、むやみにそれを明らかにせず、我が身を損なうことを避けています。 この文章では...

周羣と張裕 劉備に仕え、明暗が分かれた蜀の予言者たち

周羣しゅうぐんと張裕ちょうゆうは、蜀に仕えた予言者たちです。 ともに天文を読み取り、未来を予測する術を身につけていました。 そして周羣は漢中攻撃の結果を予測して的中させ、劉備に評価されます。 一方で張裕はこれを外した後で、...

許慈と胡潜 険悪な関係を、劉備にたしなめられた学者たち

三国志の時代、蜀には許慈きょじと胡潜こせんという学士たちがいたのですが、すこぶる仲が悪く、口論だけでなく、鞭を振りかざして争い、やがて劉備にも心配をかけるほどの事態を引き起こします。 このため、劉備はとある方法で二人の争いをやめさせる...

来敏 名門出身で劉禅の側近になるも、何度も免職された蜀の学者

来敏らいびんは蜀に仕えた学者です。 後漢の建国に貢献した家柄の生まれでしたが、戦乱を避けるために益州へと移住しました。 そして劉禅の側近となり、軍師や将軍に抜擢されるなどしましたが、人格に問題があったために免職となっています。 ...

李譔 蜀の太子・劉璿に仕えた博学多識の学者

李譔りせんは字あざなを欽仲きんちゅうといい、益州の梓潼しとう郡、涪ふ県の出身でした。 生年は不明となっています。 父の李仁は同県の学者・尹黙いんもくとともに荊州に遊学し、司馬徽しばきや宗忠について古文の学(古典が書かれた時代の文...
2019.06.19

尹黙 春秋左氏伝に通じ、軍師や劉禅の補佐役を務めた古文学者

尹黙いんもくは劉備や劉禅に仕えた学者です。 『左氏春秋』の研究を行い、漢代ではおろそかにされていた古文の学を修めました。 そして劉備に起用され、劉禅の側近となって学問を教授します。 また、諸葛亮から軍師に任命されており、北...