杜瓊 予言をみだりに口にしなかった、慎み深く賢明な蜀の学者

スポンサーリンク

杜瓊とけいは蜀に仕えた学者です。

学識に優れ、儀礼や宗廟などを司る地位を歴任し、高く評価されました。

一方で未来を予測する術にも通じていましたが、むやみにそれを明らかにせず、我が身を損なうことを避けています。

この文章では、そんな杜瓊について書いています。

スポンサーリンク

成都に生まれる

杜瓊はあざな伯瑜はくゆといい、蜀郡の成都県の出身でした。

若い頃に任安じんあんという高名な学者から図讖としんの術を学び、やがて通暁するほどになります。

図讖とは、天文の状態を読み解き、未来を予測する技術でした。

蜀では他に、周羣しゅうぐんという学者もまた図讖に通じており、予知の研究が盛んに行われていたようです。

杜瓊地図

劉璋や劉備に仕えて昇進を重ねる

やがて杜瓊は劉璋に召し出されて従事(側近)となりました。

そして劉備が益州を平定し、ぼく(長官)に就任すると、杜瓊は議曹ぎそう従事に任命されます。

220年になって、劉備が群臣に即位を勧められた際には、その上表文に名を連ねました。

その後、劉禅の代になると諫議かんぎ大夫(助言役)となり、左中郎将(近衛指揮官)、大鴻臚こうろ(儀礼統括)、太常たいじょう(宗廟統括)を歴任しました。

左中郎将の時に、諸葛亮が出征先で亡くなりましたが、その際に杜瓊は使者となり、丞相・武郷候の印綬を漢中に届ける役目を務めています。

杜瓊は静かで控えめな性格で、あまり口を開かず、門を閉ざして家にいることが多く、世間のことには関わろうとしませんでした。

それでいて蜀の宰相であった蒋琬しょうえん費禕ひいは、彼の才能を高く評価しましたので、学者としてはよほどに優れていたようです。

予言をすることはなかった

杜瓊の学問は奥深い領域に達していましたが、天文を読み取って未来の説を立てるようなことはしませんでした。

一方で、杜瓊と同じ学問を学んだ周羣は、未来を予測する説を立てて的中させ、それによって名声を得ていました。

後進の儒学者・譙周しょうしゅうが予言をしない理由をたずねると、杜瓊は次のように答えています。

「この図讖という術は、明確に表現をするのが難しいもので、自分で天界の事象を観察し、その形と色を見分けなければならない。

他人の目は信用できず、朝から晩まで激しく働いて、ようやく見通しが立てられる。

しかし見通しを立てると、今度はそれが人に漏れないかと心配になる。

だから知らない方がよく、このために二度と観測はしないことにしたのだ」

未来の予測は、人の不幸な運命を読み取るものも多く、それが漏れると予言をした者が憎まれることにもなりがちです。

「人に漏れないかと心配になる」というのは、うかつに予言をして、それが我が身を害することを懸念しての発言でしょう。

事実、蜀では張裕という者が漢王朝の滅亡と劉備の死を予測したために、処刑されたことがありました。

当塗高の予言

譙周はさらに「昔、周じょは『当塗高とうとこうとは魏である』と述べました。これはどういう意味なのでしょう」とたずねます。

これはもともと『漢に代わるものは当塗高だ』と書かれた予言が存在しており、それに対し周舒という学者が解釈を行ったことを指しています。

杜瓊は「魏とは宮城の門の名称で、塗(道)に当たって高くそびえている。

予言の作者は、類推できるものを用いて説明したのだ」と答えました。

そして譙周に「まだわからないことがあるかね?」とたずねます。

すると譙周は「まだ十分には理解できません」と答えたので、杜瓊は言葉を重ねました。

「昔は官職のことを『曹』とは言わなかった。

漢代になってから初めて官のことを曹というようになり、吏(役人)を『属曹』と呼び、卒(役所の下働き)を『侍曹』と呼ぶようになった。

これは天の意志だと言えよう」

この発言は、漢に魏が取って代わりましたが、その魏を支配するのが曹氏であることを指して述べたものです。

「属曹」や「侍曹」はいずれも「曹氏に仕える、従う」という意味であり、役人たちが曹氏に従うのですから、「曹氏が天下を支配する」ことを意味します。

このような言葉が自然に使われるようになったことが、天の意志を示している、と杜瓊は解釈を下したのでした。

古代の中国ではこのように、言葉の用いられ方によって、事象を解釈する学問の一派があったようです。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物