陳震 内政や孫権との外交に活躍した、誠実な蜀の文官

スポンサーリンク

陳震ちんしんは劉備や劉禅に仕え、内政や外交面で活躍した人物です。

誠実な性格だったので諸葛亮から重用され、呉との重要な外交を担当しました。

この文章では、そんな陳震について書いています。

スポンサーリンク

南陽に生まれる

陳震はあざな孝起こうきといい、けい州の南陽郡の出身でした。

生年は不明となっています。

劉備は210年に荊州の牧に就任しましたが、その時に陳震を召し出して従事(秘書)に任命し、管轄している諸郡をとりしきらせました。

やがて劉備が劉璋に招かれて入蜀すると、陳震もそれにともなって移動しています。

このように、陳震は当初、劉備の側近を務めていたのでした。

陳震
【成都にある陳震の塑像】

蜀の地方官や内政官を歴任する

214年に蜀が平定されると、陳震は蜀郡の北部都尉になり、やがて郡名の変更に伴って汶山びんざんの太守(長官)になりました。

また犍為けんいの太守にも就任し、各地の長官を歴任します。

そして225年になると、中央に戻って尚書(政務官)となり、やがて尚書令しょうしょれい(政務長官)に昇進しました。

このようにして、陳震は出世を重ね、蜀の内政の中枢を担うようになったのでした。

陳震

呉との外交も担当する

やがて陳震は劉禅の勅命を受け、呉に使者として赴き、外交をも担当するようにもなりました。

229年になると、孫権が呉の皇帝を称するのですが、その際に諸葛亮は陳震を衛尉えいい(宮廷の衛士を統括する大臣)に任命し、孫権の即位を慶賀させました。

この時に諸葛亮は、呉の重臣となっていた兄の諸葛きんに手紙を送り、次のように述べています。

「孝起(陳震)の誠実かつ純朴な人柄は、老いてますます堅固になっています。

呉と蜀の友好を促進し、喜びをともにする上において、貴重な存在だと言えます」

この手紙から、陳震は外交官として、諸葛亮から高く評価されていたことがうかがえます。

陳震の書状

陳震は呉との国境に入ると、関所の役人に布告文を渡し、告げました。

「東方(呉)と西方(蜀)では、使者が往来してひきもきらず、当初からの友好関係を維持し、日々新たにその関係を発展させています。

東方の尊いお方(孫権)が位を保たれるべく、柴を炊いて天に報告され、みしるしを受けられ、領土を開かれると、天下は響きのごとくこたえ、東西の民はそれぞれ帰属する場所を得ることになりました。

この時において、心をひとつにして賊(魏)を討伐したならば、いかなる賊も、滅びぬことはないでしょう。

蜀の君臣は今回のことを大変に喜び、あなた様を頼りにしています。

私は不才ながら、使者の役を仰せつかり、ご挨拶を申し上げ、友好の意を表しに参上しました。

国境を喜び勇んで越え、自分の国へ帰るのと同じ気持ちで、呉に入国しました。

春秋の時代、しん范献子はんけんしに赴き、魯の先君と同じ山の名前を、うっかり口にする失礼を働いてしまったため、『春秋(歴史書)』は彼を非難しています。

どうか私にご教示くださり、私が呉のみなさまと親しく関わっていけるようにしてください。

その日のうちに使節の旗を振り、ともの者たちに告げ、各自に誓いをさせます。

流れに従い、あわただしくやってまいりましたが、国家の制度はそれぞれに異なっていますので、おそらくは間違えてしまうこともあるでしょう。

どうか事情をくみ取ってくださり、適切な指示を賜りますように」

このように、 陳震の外交文書は、よく気が配られており、行き届いたものでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物