鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

鄧艾とうがいは魏に仕えて活躍した将軍です。

蜀軍を率いる姜維きょういとたびたび対戦し、勝利を重ねます。

そして魏が蜀に侵攻した際に決定的な勝利を収め、蜀を滅亡させました。

鄧艾は農政官としても優れた能力を持っており、魏の食糧生産力の向上に、おおいに貢献しています。

しかし強情でせっかちな性格だったので、人に好かれず、これが原因となって、謀反人の汚名を着せられ、非業の死を迎えることになってしまいました。

この文章では、そんな鄧艾の生涯について書いています。

鄧艾

荊州で生まれる

鄧艾は字を士載しさいといい、荊州の義陽ぎよう郡・棘陽きょくよう県の出身でした。

生年は不明となっています。

二〇八年に、曹操が荊州に侵攻すると、戦火を避けるため、州の汝南じょなんに移住しています。

そして農家のために子牛を育てる仕事につきました。

鄧艾は早くに父を亡くしていたので、まだ子供だったのに、働かなければならなかったようです。

鄧艾1

改名する

鄧艾は十二才になると、母と一緒に潁川えいせんに行き、そこで陳寔ちんしょくという人について書かれた碑文を読みました。

そこには「文は世のはん(きまり)であり、行いは士のそく(手本)である」と書かれていました。

鄧艾はそれを読んで影響を受け、自ら名を「範」に、字を「士則しそく」に変えます。

しかし、後に一族の中に同じ名前をつけた人が現れたので、さらに「艾」と改名しました。

こうして姓名が「鄧艾」になっています。

将来は大臣になると予測される

このころ、謁者えっしゃ(取次役)の地位にあった郭玄信かくげんしんという人がいました。彼はある時、使者として地方に派遣された際に、御者がほしいと願い出ました。

すると鄧艾と、同僚の石苞せきほうがその役目を果たすことになります。

そして十数里の間、郭玄信は鄧艾と石苞と語り合ったのですが、ともに利発だったので、二人とも、いずれは大臣にまで立身するだろうと予測しました。

この予測は、後に的中することになります。

学士となるも、地位を得られず

鄧艾はその後、都尉とい学士になり、出世につながる機会を得ています。

しかし吃音きつおんだったので、本来得られるはずの、幹佐かんさという地位を得られませんでした。

幹佐は公式文書を取り扱う、役所の補佐官です。

そのかわりに、稲田守叢草吏とうでんしゅそうそうりという、農政を行う役所の属官になりました。

このようにして、鄧艾はひとまず出世コースから外れるとともに、農業との関わりが強くなっています。

援助を受けるも、礼を言わず

鄧艾は家が貧しく、当人もハンデを負っており、生まれつき頭はよかったのですが、なかなか人から認められにくい状況に置かれます。

すると郡の役人の父親が、鄧艾の家が貧しいことに同情し、手厚く援助をしてくれました。

しかし鄧艾は初め、これに対して感謝の意を表しませんでした。

鄧艾には、かたくななところがあったようです。

その境遇ゆえに、簡単に人に心を開けない性格になっていたのかもしれません。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物