鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

西方に赴任する

やがて鄧艾は参征西さんせいせい軍事となり、南安なんあん太守に就任します。つまりは西方の軍事を担当するようになったのでした。

このころ、蜀の将軍である姜維が盛んに侵攻をしかけてきていましたので、鄧艾はそれに対応することになりました。

二四九年に姜維が攻め込んでくると、鄧艾は征西将軍の郭淮かくわいの元で、これを迎撃します。

やがて姜維が退却すると、郭淮はそれに乗じて、姜維に味方する西方のきょう族を攻撃しにかかりました。

この時に鄧艾は「賊軍は遠くに行っていませんので、引き返してくる可能性があります。部隊を分け、不測の事態に対応できるようにしておくべきでしょう」と進言します。

これを受け、郭淮は鄧艾を白水はくすいの北に配置することにしました。

姜維の攻撃を防ぐ

するとその三日後、姜維は将軍の廖化りょうかを進軍させ、白水の南に陣取らせ、鄧艾に対抗させます。

これを受け、鄧艾は諸将に告げました。

「姜維が引き返してきたが、こちらの軍勢は数が少ない。なので敵は河を渡って攻めかかってくるはずだが、橋をかけようとする気配がない。姜維は廖化をこちらと対峙させ、足止めをさせておいて、その間に自らは東に進軍し、とう城を奪うつもりなのだろう」

洮城は白水の北にあり、鄧艾がいる場所からは六十里(約24km)ほど離れていました。

鄧艾は夜のうちに、ひそかに軍勢を動かし、洮城に入ります。

すると姜維が読みどおりに河を渡り、攻め寄せてきました。

しかし鄧艾が先に到着して守りを固めていたので、攻め落とすことができず、退却しています。

こうして魏は敗北を免れましたが、鄧艾は功績を認められ、関内かんだい侯の爵位を与えられました。

さらに討寇とうこう将軍の地位を付与され、城陽太守に転任しています。

こうして鄧艾は優れた智謀を発揮し、各地の戦いで活躍していくことになります。

農政のかたわら、軍事についても学んでいたことが、役に立ったのでした。

鄧艾2

異民族対策に意見を述べる

このころ、北方のへい州には匈奴きょうどという異民族が住んでおり、右賢王・劉豹りゅうひょうが民を束ね、一つの部族として存在していました。

かつて曹操が、異民族を傭兵として用いて戦力にするために、国内の周辺部に住まわせる政策を取っており、この結果、魏は異民族の人口が多くなっていたのです。

鄧艾は彼らの扱いについて、上奏をして意見を述べました。

「蛮族は獣のごとき心を備えており、道義を説いて親しませることはできません。強くなれば侵略し、弱い時は従います。このため、かつて周の宣王の時代に匈奴は侵攻してきました。また、漢の高祖(劉邦)の時代には、平城で匈奴に包囲されたことがありました。

匈奴は勢力を増すたびに、これまでの歴史上、つねに災いとなりました。単于ぜんう(匈奴の王)が国の外にいて、部族長や民への影響力を失ったので、彼に誘いをかけて国内に招き寄せ、参内させました。

このため、羌族は統率者を失い、離散集合をくり返すようになりました。単于を国内に招いたことで、はるか遠い地の者たちまで、こちらの規範に従わせることができたのです。

しかしいま、単于の影響力が低下し、国の外にいる異民族の勢威が、次第に増してきています。ですので、蛮族に対する備えを強化しておく必要があります。

聞くところによりますと、劉豹の部族では、反乱が発生したようです。これにつけこみ、部族を二つに裂き、勢力を弱らせるべきです。

去卑きょひ(以前の右賢王)は武帝(曹操)の時代に目立った功績を立てたのに、その子は功業を受け継いでいません。どうか子に高い位を与え、雁門がんもんに住まわせてください。

匈奴を二つに分けて弱体化させ、昔の勲功によって恩賞を与えることで、国境地帯を長く統制していくことができます」

このころには、すでに鄧艾を取り立てた司馬懿は亡くなっていました。

すると代わって、長男である司馬師しばしが大将軍になり、魏の実権を握ります。

曹氏の皇帝は飾り物となり、司馬氏の権勢は増すばかりとなっていました。

このため、司馬懿に見いだされた鄧艾が、用いられやすい状況になっていたのです。

司馬師は鄧艾の提言を受けると、そのほとんどを受け入れ、実行に移しました。

鄧艾は魏の勢力を保つために、多方面に目配りをしていたのです。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物