鄧艾 姜維を打ち破り、蜀を攻め滅ぼした魏の名将

スポンサーリンク

恩返しをする

その後、鄧艾は汝南太守となります。

ここは鄧艾が子供のころに暮らしていた土地で、郡の役人の父親から支援を受けていたことがありました。

このため、鄧艾は汝南に到着すると、恩人の行方を探します。

すると、ずっと前に亡くなっていたことがわかったので、部下の役人を送って祭らせました。

そしてその母にたくさんの贈り物をし、子供を推挙して計吏に取り立てます。

鄧艾はかつて、恩を受けても感謝しなかったのですが、このころには功成り名遂げ、恩に報いようとするだけの心のゆとりが生まれていたのでしょう。

鄧艾は赴任した先で荒れ地の開墾を進めたので、軍隊も民も、ともに豊かになりました。

こうして鄧艾は、各地で優れた治績を残していきます。

諸葛恪の失脚を予見する

このころ、呉の皇帝は二代目の孫亮そんりょうになっていましたが、まだ年少だったので、重臣の諸葛恪しょかつかくが実権を握っていました。

諸葛恪は呉の大将軍だった諸葛きんの子で、諸葛亮の甥でもあります。

諸葛恪は自分の才能をたのみ、代替わりをしてさほど間がないのに、大軍を率いて魏に攻撃をしかけました。

そして合肥がっぴの新城を包囲しましたが、大きな損害を出し、敗北して撤退しています。

このことを知った鄧艾は、次のように司馬師に言いました。

「孫権が没してから、呉の重臣たちはまだ新しい主に対し、十分に心を寄せてはいません。そして呉の名族や豪族たちは、みなそれぞれに兵を蓄えており、その軍事力を頼みにすれば、独立することも可能です。

諸葛恪は権力を握ったばかりですが、君主の存在を無視し、人々をいたわり、その心をつかみ、基盤を形成することに気を配っていません。戦いに心を傾け、民を使役していたぶり、国軍を総動員して堅城を攻めましたが、失敗し、万単位の死者を出して撤退しました。ゆえに、諸葛恪はまもなく罰を受けることになるでしょう。

その昔、伍子胥ごししょ呉起ごき商鞅しょうおう楽毅がっきらは、みな君主の信頼を受けていましたが、君主が亡くなると権力を失いました。諸葛恪の才能はこの四人の賢者よりも劣っていますのに、災いに備えていません。ゆえに、彼は遠からず滅亡するでしょう」

諸葛恪は帰国すると、鄧艾が予測したとおりに処刑されています。

このようにして、鄧艾は呉の政治情勢にも通じていたのでした。

さらに立身し、政治の方針に意見を述べる

やがて鄧艾はえん州刺史に昇進し、振威しんい将軍の号を付与されました。

すると上奏し、次のように述べます。

「国家が急ぎ取り組むべきことは、農業と軍事です。国が富めば軍が強くなり、戦いに勝利できますが、しかし勝利の基盤となるのは農業です。

孔子は政治の要点について質問されると『食糧を満たし、軍備を満たすことだ』と答えました。このように、食糧は軍備よりも前に置かれています。

上が爵位を設け、奨励することがなければ、下が蓄財をすることはありません。

治績を評価する際に、穀物を蓄え、民を富裕にした者を重視して恩賞をくだされば、称賛を得るために行われる交際の道はとだえ、表面だけを飾ればよいとする浮ついた風潮は、その源を絶たれるでしょう」

このようにして、鄧艾は政治が質実になることを求めたのでした。

自分のやっていることを評価してほしい、と訴えたことにもなりますが、実際のところ、鄧艾の主張は筋の通った正しいものだったと言えます。

また、鄧艾は吃音だったので、交際が苦手だったことにも、この主張をさせる要因になったかもしれません。

鄧艾は優れた能力ゆえに用いられていましたが、立場の近い者たちとの関係はよくなく、孤立しがちな傾向にありました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物