許褚 曹操の危機を何度も救った最強の護衛官・虎痴の生涯

スポンサーリンク

許褚きょちょは曹操に仕え、その身を守った武将です。

優れた武勇と直感力を備えており、暗殺を防いだり、馬超の襲撃から曹操を逃れさせたりと、何度も命の危機を救っています。

そして戦場でも活躍し、曹操に忠実だったので、厚遇を受けて将軍にまで出世しました。

この文章では、そんな許褚の生涯を書いています。

許褚

スポンサーリンク

譙国に生まれる

許褚はあざなを仲康といい、州のしょう国譙県の出身です。

生年は不明となっています。

身長は八尺(約185cm)以上あり、腰回りが十囲(約116cm)もあるという巨漢でした。

その容貌は雄々しく毅然としており、人並み外れた武勇を備えていました。

怪力によって賊を打ち砕く

後漢の末期、戦乱の時代になると、許褚は若者と一族数千家を集め、砦を築いて賊の侵略を防ぎました。

するとある時、汝南じょなんの賊が一万の兵を繰り出し、許褚の砦を攻撃してきます。

許褚の軍勢は数が少なかったので、奮戦しましたが、やがて皆が疲労困憊してしまいました。

すると許褚は、砦に籠もった男女に命じ、湯飲みほどの大きさの石を集めさせ、砦の四隅に置かせます。

そして賊が押しよせてくると、許褚が石を投げつけましたが、当たった者はみな無惨に体を打ち砕かれたので、賊たちは恐れて砦に近づかなくなりました。

許褚の投てきは、大砲の一撃のような威力を持っていたのでした。

牛を引きずって賊を追い払う

こうして状況が膠着しますが、やがて食糧不足に陥ったので、許褚は賊に和睦を申し入れ、手持ちの牛と引き換えに食糧を交換することにします。

賊は砦までやって来て牛を受け取りましたが、牛はすぐに逃げ出して、砦に戻ってきてしまいました。

このため、許褚は片腕で牛の尻尾をつかみ、賊の陣営の方へと引きずっていきます。

それから百歩ほど歩くと、牛を引きずる許褚の怪力を見て、賊たちは仰天しました。

そして牛を受け取る勇気もなくなり、逃走します。

この評判が周辺の地域に広まり、みなが許褚を怖れはばかるようになったため、許褚の砦は安全になっています。

曹操に帰順し、護衛となる

やがて曹操が、汝南や淮水わいすいのあたりを攻略すると、許褚は軍勢を引きつれて曹操に帰順します。

すると曹操は、許褚の勇壮さに感心し「こやつはわしにとっての樊噲はんかいだ」と言って喜びました。

(樊噲は漢の高祖・劉邦の護衛を務めた武将です)

曹操はすぐに許褚を都尉に任命し、宿直の護衛をするように命じました。

そして許褚に従ってきた者たちを、みな虎士(近衛兵)にしています。

こうして許褚は、曹操にあったその日に、いきなり親衛隊の隊長に就任したのでした。

戦場で活躍して昇進する

その後、許褚は張しゅくの討伐で戦功を立て、校尉(中隊長)に昇進しました。

この時には先陣を務め、大勢の敵の首を取っています。

その数は五桁(一万以上)に登ったと記されているのですが、さすがに過剰に表現されていると思われます。

その後、曹操と袁紹が争った官渡の戦いにも従軍していますが、そこで曹操を暗殺しようとする動きが発生しました。

許褚地図1

胸騒ぎによって曹操を救う

この頃、曹操に随行している兵士の中に、徐他じょたという者がいました。

彼は仲間とともに反乱を計画し、曹操の命を狙っていましたが、許褚が常に曹操の身辺を守っているので、それをはばかって行動に出ることができないでいました。

ある日、許褚が休暇を取って外出すると、徐他らは好機が訪れたと判断し、刀を懐に入れて曹操の陣幕に入り込みます。

一方、許褚は宿舎にいたのですが、ふと胸騒ぎがしたので、曹操の側に戻ってきていました。

徐他らはそうと知らずにとばりの中に入ると、そこに許褚がいたので愕然とします。

許褚は、自分を見た徐他の顔色が変わったのを察知すると、謀反を企んでいるのだと気がつき、ただちに彼らを打ち殺しました。

この功績によって、ますます曹操は許褚を信頼するようになります。

以後はどこに行くにも同行させ、その身辺から離さないようになりました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物