賈逵 曹操の側近となり、豫州を治めた文武両道の人物

賈逵かきは魏の臣下で、反乱の鎮圧や呉との戦いで活躍した人物です。

若い頃から軍事の才能を高く評価され、やがて曹操の側近になりました。

曹丕の代になると豫州の刺史となり、内政に励み、気持ちがゆるんでいた役人たちを引き締め、統治を改善して天下の模範とされます。

その後は呉を討伐しようと計画を立てますが、曹休の失敗によって頓挫しました。

統治が優れていたことが評価され、死後、官民によって祠を建てられ、長く祭られています。

この文章では、そんな賈逵について書いています。

河東に生まれる

賈逵はあざな梁道りょうどうといい、河東郡襄陵じょうりょう県の出身です。

一七四年に誕生しています。

子供のころからよく、軍隊の編成を考えて遊んでいました。

祖父の賈習は賈逵の資質を見込んで、「お前は大人になれば、指揮官になるに違いない」と言い、数万字にのぼる兵法を教えます。

賈逵の家は名家だったのですが、若いころに親を亡くしたので、家が貧しくなってしまいました。

冬にはくはかますらも持っていなかったのですが、妻の兄である柳孚りゅうふの家に泊まった時に我慢できなくなり、柳孚の袴をはいて去ったという話があります。

賈逵地図

郭援に攻撃される

このように苦労しましたが、やがて賈逵は郡の役人となり、絳邑こうゆうの県長代行となりました。

するとやがて、郭援かくえんが河東を攻撃してきます。

郭援は袁紹の子・袁尚から河東太守に任命され、曹操軍と戦っていました。

郭援が進軍する先では、その通り道にあたった城や街は、すべて降伏します。

そんな中で、賈逵だけが固く城を守りました。

郭援は攻撃をしかけますが、陥落させられなかったので、匈奴きょうど単于ぜんう(指導者)を呼び寄せ、軍を合流させて激しく攻撃します。

このために城が崩壊しそうになりました。

郭援に従わず

絳邑の長老たちは交渉し、賈逵を殺害しないという約束を郭援から取り付けます。

郭援は賈逵の名声を聞いていたので、従えて将軍にしようと考えました。

このために賈逵に会うと、武器をつきつけて脅迫しましたが、賈逵はまるで動じませんでした。

すると側近の者たちが賈逵をひっぱり、無理やりに叩頭させます。

賈逵は彼らに向かって「国家の高官たる者が、どうして賊に叩頭しなければならないのだ!」と言いました。

郭援はこれを聞いて怒り、賈逵を切り捨てようとします。

絳邑の官吏や住民たちは賈逵が殺されそうになっていると知ると、みな城壁に登り「約束をやぶって賢君を殺害するのなら、我々もともに死ぬ」と言いました。

郭援の側近の者たちが、賈逵の態度に感じ入り、許すようにと請願したので、殺されずにすんでいます。

この事態から、賈逵には人望があったことがうかがえます。

見知らぬ相手に助けられる

郭援はひとまずは許したものの、賈逵を穴蔵の中に閉じ込め、車輪を上にかぶせ、見張りを置いて監視させました。

そして遠からず、機会を見つけて賈逵を殺害する気でいました。

賈逵は穴蔵の中から、「このあたりに勇気のある者はいないのか。正しい行いをした人間を死なせてもよいのか!」と呼ばわります。

すると、たまたま通りかかった祝公道しゅくこうどうという人が、賈逵のその発言を耳に入れました。

賈逵と面識はなかったのですが、彼が正義を守り、そのために命が危険にさらされていることを憐れに思います。

このため、その夜に賈逵を助け出し、かせを壊して立ち去らせました。

しかし祝公道は、自分の名前を名のりませんでした。

こうして賈逵は危ういところを、義心のある人の助けによって逃れています。

郭援の軍勢を引き止める

これより以前のこと、賈逵は皮氏ひしという土地を通った際に、「戦いになった場合、先にこの地を抑えた者が勝利する」と言っていました。

それから郭援の侵攻を受け、絳邑が包囲されると、やがて逃げられないと悟ります。

このため、人を送り、間道をつたって郡の役所に官印と綬を届けさせ、「急いで皮氏を占拠せよ」と伝えさせました。

やがて郭援は絳邑の軍勢を吸収すると、進軍を開始しようとします。

賈逵は郭援に皮氏を取られてしまうことを恐れ、別に計略を用い、郭援の参謀である祝奥しゅくおうを惑わせました。

これによって郭援は七日ほど進軍が遅れます。

一方で、郡の方は賈逵の言葉に従って、その間に皮氏の守りを固めたので、郭援に敗れずにすみました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物