張既 西方を鎮めた魏の名臣

張既ちょうきは曹操や曹丕に仕え、西方で活躍した人物です。

文武に秀でており、反乱が多発する涼州やよう州を統治し、情勢を安定させることに成功しました。

馬騰ばとうを入朝させ、馬超を討伐し、その後、何度も起きた反乱を鎮圧しています。

そして西方の人材を数多く推薦しましたが、いずれも地位と名声を得ており、人を見る目もありました。

この文章では、そんな張既について書いています。

馮翊に生まれる

張既はあざな徳容とくようといい、馮翊ひょうよく郡・高陵こうりょう県の出身でした。

ここは西方の中心地である、長安に近い地域です。

張既の家は名家ではありませんでしたが、容貌に優れ、俊敏な性質を備えていました。

子供のころから書簡の扱いが巧みだったので、やがて郡の書簡を取り扱う小吏になります。

張既はやがて、ある程度の財を得るようになりましたが、名門の出身ではなかったので、自力で昇進するのは難しいだろうと考えます。

このため、いつも上等な小刀と、筆と書板を用意しておきました。

この時代は木の板に文字を書き込むので、修正する際に小刀で削ります。このため、役人には必須の道具だったのでした。

張既は上級の官吏の中に、道具が不足している人を見つけると、そのつど用意していたものを贈ったので、やがて評判がよくなり、存在を認知されるようになります。

張既地図

西方の抑えにあたる

このようなわけで、張既は立身し、郡の高官を歴任しました。

そして孝廉こうれんに推挙されましたが、都には行きませんでした。

曹操は献帝を推戴し、司空(大臣)に任命されますが、やがて張既を召し寄せようとします。

しかしまだ張既が都に行かないうちに、今度は茂才に推挙され、新豊県の令(長官)に任命されました。

張既はそこで治績をあげ、三輔さんぽ(首都周辺の三つの地域)で第一だと評されます。

このようにして、張既はさらに身分を高めるきっかけをつかみました。

西方の抑えにあたる

このころ、曹操は河北の地をめぐって袁紹の子・袁しょうと争っていました。

袁尚は河東太守の郭援かくえん、并州刺史の高幹こうかんらに命じ、平陽を奪取させます。

またその一方で、使者を西方に送り、関中の将軍たちと手を組もうとしました。

これに対応するため、西方の抑えを曹操から任されていた、司隷校尉の鍾繇しょうようが動きます。

鍾繇は張既を送って関中に向かわせ、将軍の馬騰たちを説得させます。

張既が利害を説くと、馬騰たちはそれに納得し、曹操側につくことを受け入れました。

馬騰は子の馬超に一万の兵を率いさせ、鍾繇と合流させます。

そして鍾繇らはともに郭援と高幹を攻撃し、撃破しました。

郭援は首を取られ、高幹は降伏し、曹操陣営が有利になります。

河内や河東の平定に貢献する

その後、高幹はへい州をあげて反乱を起こしました。

また河内の張晟ちょうせいは一万の軍勢を率いて独立し、周辺の地域を荒らして回ります。

そして河東の衞固えいこ弘農こうのう張琰ちょうえんもまた、それぞれ兵をあげて張晟に合流しました。

このように、袁尚の勢力を打ち破っても、司州の周辺は荒れた状況が続きます。

そんな中、曹操は張既を議郎に任命し、鍾繇の元で軍事に参与するようにと命じました。

このため、張既は再び西方に向かい、馬騰らを呼び寄せます。

すると馬騰らは集合し、張晟の勢力を打ち破りました。

そして張琰と衞固の首を取ると、高幹は荊州に向かって逃走し、反乱が鎮まります。

張既は西方の将軍たちを動かすことに成功し、この功績によって武始亭候の爵位を与えられました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物