張既 西方を鎮めた魏の名臣

反乱軍を撤退させ、追撃する

反乱軍は七千の兵力で鸇陰せんいん口の守りを固め、官軍を迎撃しようとしました。

張既は鸇陰を通ると宣伝しておいてから、密かに且次しょじを通って武威に到着します。

反乱軍はこれを知ると、神業だとして驚き、顯美けんびに撤退しました。

張既が武威を占拠すると、それからようやく費曜が到着しましたが、夏侯儒はまだやってきていませんでした。

張既は将兵をねぎらい、褒美を与えます。そしてさらに軍を進め、反乱軍を討伐しようとしました。

すると将軍たちは「兵士たちは疲弊しており、敵は数が多く、士気も高い状態にあります。いま彼らと戦うのは困難です」と主張しました。

張既は「いま、我が軍は食糧が乏しい状態にある。だから敵から補給しなければならない。もしも敵軍が、我が軍が集結するのを見て、撤退して山に立てこもれば、追撃をかけても道が険しく、困難におちいって飢えることになる。

それから兵を戻そうとしても、偵察を出されて荒らし回られることになる。このような状況では兵を休ませるわけにはいかない。『一日敵を見逃せば、数代に渡って災厄を受ける』というのはこのことだ」と言います。

こうして張既は後続を待たず、手持ちの部隊のみで顯美に出撃しました。

反乱軍を伏兵によって打倒する

反乱軍の数千の騎兵が強風を利用し、放火して軍営を焼き払おうとしてきたので、魏の将兵は不安にかられる事態になります。

しかし張既はまったくひるまず、夜の間に精鋭三千を伏兵として隠しておき、参軍の成公英せいこうえいに千騎を率いさせ、敵に挑ませました。

そしてあらかじめ、負けたふりをして退却するように命じておきます。

成公英が作戦どおりに撤退すると、反乱軍は争って追撃をかけてきました。

これを受け、張既は伏兵を出撃させて退路を断たせ、前後から挟み撃ちにして散々に打ち破ります。

首をとったり捕縛した反乱軍は万単位にものぼり、張既は大勝を収めました。

このように、張既は戦場での指揮能力も優れていたのでした。

称賛され、地位が高まる

この勝利に曹丕は喜び、詔勅を出しました。

「卿は黄河を越え、険しい道を通り、疲労した軍を率いて活力のある敵を攻撃し、少数の兵で多数の敵に勝利した。その功績は南仲なんちゅうを越え、仕事ぶりは尹吉甫いんきっぽ以上である。(彼らは西方や北方で活躍した古代の将軍です)

この勲功は単に蛮族を打ち破ったというだけのことではなく、永久に河西を平定し、我が国の西方に対する憂いを取り除いたことにある」

このようにして張既の働きを絶賛し、西郷候に国替えし、二百戸を加増して四百戸にしました。

羌族を撃破する

その後、酒泉の蘇衡そこうが反乱を起こし、きょう族の有力者である鄰戴りんたい丁令ていれいが率いる一万余騎と一緒に、国境付近の県を攻撃してきます。

張既は夏侯儒とともに出撃してこれを打ち破り、蘇衡や鄰戴らを降伏させました。

張既は上奏して左城を修復し、砦を築き、物見櫓と食糧の貯蔵庫を設置して、蛮族に備えたいと願い出ます。

この影響で、西羌族は恐れを抱き、二万以上の民を連れて降伏しました。

羌族を説得して反乱を鎮める

こうして張既は平定を進めていきますが、今度は西平の麴光きくこうらが郡太守を殺害します。

将軍たちは攻撃を計画しますが、張既は次のように主張しました。

「麴光らが反乱を起こしたが、郡民たちがみな同調したわけではない。もしもすぐに軍を送れば、官吏と民、羌族は我が国が善悪の基準なく処罰するのだと考え、団結してしまうだろう。これは虎に翼を与えるようなものだ。

麴光らは羌族の協力を得ようとしているが、先手をうって羌族に、麴光らを攻撃するように働きかける。そして彼らに多くの恩賞を与え、捕獲したものはすべて与えてしまう。

そうすれば外に向けては敵の勢力をそぎ、内にむけては友好関係を断つことができ、戦わずして情勢を落ち着かせることができるだろう」

張既は布告文を出して羌族たちを説得し、麴光に騙されて参加した者たちを赦免し、賊の指揮官の首を送ってきたら、領土や恩賞を与えると約束しました。

この結果、麴光の仲間は寝返り、麴光の首をとって送ってきます。

そして張既が述べたとおりに反乱が収まり、情勢が安定しました。

以前は急いで攻めることで反乱を鎮め、この機会には策謀をもって反乱を鎮めました。

張既は状況に応じて柔軟に策を検討できる、優れた人物だったことがうかがえます。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

定価は500円ですが、10月27日〜11月9日の間は350円のセール価格で販売しています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
『正史に基づく三国志 蜀志篇』という電子書籍をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物