張魯 漢中に割拠した、五斗米道の主催者の生涯

スポンサーリンク

張魯ちょうろは後漢末期において、漢中に割拠した人物です。

この頃には、地方で独立を目指した勢力は数多いのですが、張魯は「五斗米道ごとべいどう」という宗教団体を母体としたところが特徴的でした。

太平道を母体とした黄巾こうきんと似ていますが、張魯は反乱を起こしたりはせず、曹操そうそうの討伐を受けると潔く降伏したことで、滅亡はしませんでした。

そして従順な態度を曹操から高く評価され、爵位を与えられて生涯をまっとうしています。

この文章では、そんな張魯の生涯を書いてみます。

スポンサーリンク

沛国に生まれる

張魯はあざな公祺こうきといい、はい国の豊県で誕生しました。

生年は不明となっています。

張魯の家は代々、道術を修めてそれを広める活動を行っていました。

道術とは、仙人になることを目的として行われる修練のことです。

祖父の張陵ちょうりょうがその起源で、彼はしょくに身を寄せ、鵠鳴こくめい山の山中で道術を学び、その経験を元に著作をしました。

そして習得したことを人々に教え、かわりに五斗(約10リットル)の米を礼として受け取り、その仕組みによって教団を形成します。

道術は世の当たり前の価値観からは外れた思想ですので、張陵は人心を惑わしている、と批判されました。

また、米を受け取っていたことから、「米賊べいぞく」という名で呼ばるようになります。

賊と名づけられたことから、世間からは怪しまれていたことがわかります。

つまりは現代における、新興宗教の教祖のような存在だったと言えるでしょう。

【張陵の肖像画】

祖父と父から基盤を受け継ぐ

やがて張陵が亡くなると、その子の張衝ちょうこう(張魯の父)が後を継ぎました。

そして張衝も亡くなると、その子の張魯が後継者になります。

つまり、張魯は道術教団の三代目だったのでした。

しかし父・張衝の代で一度教団は壊滅しており、張魯は一からそれを構築しなおすことになります。

劉焉に仕え、漢中を支配する

張魯の母は術を使い、若々しい姿をした女性でした。
(巫術はシャーマニズムのことで、卜占ぼくせんや予言、治療などを行う術です)

母は益州の支配者である、劉焉りゅうえんの家に頻繁に出入りし、その歓心を買うようになります。

そして母は劉焉に対し、息子の張魯に地位を与えてくれるようにと働きかけました。

この結果、張魯は督義司馬とくぎしば(武官の地位)に任命され、漢中に向かうことになります。

劉焉は蜀に独立した勢力を築こうと考えており、張魯を漢中に駐屯させ、後漢の朝廷との連絡を絶たせるのが、その目的でした。

張魯はひとまず劉焉の思惑通りに動き、朝廷からの使者を殺害し、都の長安とつながる橋を破壊して、通行を遮断します。

劉焉は自分でそうさせておきながら、朝廷には「米賊が道路を遮断したため、都と連絡が取りづらくなりました」とぬけぬけと通達しています。

こうして張魯は劉焉に利用されたわけですが、張魯もまた、劉焉を利用して漢中に勢力を築くことを画策しました。

劉璋と敵対する

張魯は漢中に入ると、自分とともに派遣された張脩ちょうしゅうを攻撃し、その軍勢を奪い取ります。

こうして軍事力を高めると、張魯は漢中に割拠し始めました。

この地はかつて父・張衝が布教を行い、人々に影響を及ぼしています。

張衝の教団はその後、他勢力の攻撃を受けて滅びましたが、その教えはまだ一部の住民たちの間に残っており、張魯が受け入れられやすい基盤があったのだと言えます。

(あるいは、張脩が漢中に別の教団を形成しており、それを張魯が乗っ取ったのだとも言われています)

そして劉焉が病死して、その子の劉璋りゅうしょうが益州の支配者になると、張魯はその命令をたびたび無視するようになりました。

劉璋は劉焉に比べると統治能力が低く、与しやすい相手でした。

劉璋は自分に従わない張魯に腹を立て、その母と弟を殺害してしまいます。

このため、張魯と劉璋は仇敵の間柄となりました。

【張魯と劉璋が争っていた頃の勢力図 南西部に勢力があった】

龐義を撃退して漢中を守る

やがて劉璋は部下の龐義ほうぎを派遣して、張魯に攻撃をしかけてきます。

張魯はその軍勢の多くを巴西はせいの地に集結させ、これをたびたび撃退しました。

このため、劉璋は龐義を巴西太守に任命し、張魯を討たせようとします。

しかし、やがて龐義と劉璋の関係にひびが入ったため、張魯への攻撃は弱まっていきました。

こうして張魯は防衛に成功し、漢中の支配者としての地位を確立していったのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史 その他の勢力
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物