黄皓 劉禅に取り入り、蜀の滅亡を導いた宦官

スポンサーリンク

黄皓こうこうは劉禅が成長するに従い、寵愛されるようになった宦官かんがんです。

宦官は去勢をした上で、皇族に仕える使用人で、身の周りの世話をするのがその仕事でした。

身近なところで接するため、皇族に親しまれて信頼され、やがては権力を握った者たちが、中国の歴史上には、しばしば現れています。

黄皓もそのような宦官のうちの一人で、口先がうまく、その悪賢さによって、劉禅から大変に気に入られるようになりました。

スポンサーリンク

董允によって頭を抑えられる

しかし劉禅が若いうちは、侍中(皇帝顧問官)の董允とういんがいつも劉禅を匡正し、黄皓をとがめ、頭を押さえつけていました。

董允は公正かつ清廉な性格で、諸葛亮によって劉禅の側近に任命された人物です。

言わば、若き皇帝のお目付役であり、彼が健在のうちは、蜀の宮中が乱れることはありませんでした。

黄皓は董允を恐れ、この時期には、非道なふるまいをする余地がなかったのです。

董允がこの世を去るまで、黄皓の地位は黄門丞こうもんじょう(宦官を束ねる者の副官)であるに過ぎず、皇帝に気に入られても、権力を握ることはありませんでした。

陳祇が黄皓と結託する

しかし246年に董允が亡くなると、代わって陳祇ちんしが侍中となります。

この陳祇は、董允とは逆の態度を取り、黄皓と結託し、政務に関われるようにしてしまいました。

その上、たびたび黄皓と陳祇は、董允の悪口を劉禅に吹き込んだので、劉禅は自分が軽んじられていたのだと思い込み、やがて董允を恨むようになります。

そして258年に陳祇が亡くなると、黄皓は中常侍ちゅうじょうじ(皇帝の顧問)・奉車都尉ほうしゃとい(皇帝の車の管理官)に昇進します。

これによって、黄皓は宮殿の内でも外でも、常に劉禅の側に控えつつ、政治的な進言ができる権限を手に入れました。

この頃には、劉禅は黄皓を信頼して言いなりになっており、蜀の国政を、黄皓が思うままに操るようになります。

蜀の宮中が乱れていく

黄皓は陰険かつ邪悪な性格で、その上、政治や軍事のことを何もわかっていない人間でしたので、彼が権力を握ったことで、蜀の国勢は衰えていきます。

具体的には、能力や人格によって人をはからず、自分におもねる人間は重用し、そうでない人間は左遷するようなふるまいをしました。

この頃には、蜀の宮中では諸葛亮の子である諸葛瞻しょかつせん董厥とうけつ樊建はんけんといった者たちが重んじられていましたが、彼らはみな黄皓を非難せず、その悪行を咎めませんでした。

董厥や樊建は、それなりに能力のある者たちでしたが、黄皓を排除しようとするほどの気概は備えていなかったのです。

こうして蜀の衰えは、止まらなくなっていきました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史
スポンサーリンク
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
歴史の読み物