于禁 曹操の元で活躍するも、関羽に降伏して評価を下げた将軍

于禁うきんは曹操に仕え、各地の戦いで活躍した将軍です。

張遼ちょうりょう徐晃じょこうらと並び称され、名将だとして称賛を受けました。

やがてはん城が関羽の攻撃を受けた際に、救援におもむくのですが、川の氾濫によって陣営が水没してしまったので、やむなく降伏します。

これにより、忠節を貫かなったことを批判されるようになり、于禁はひどく評判を落としました。

やがて魏に帰還したものの、曹丕から嫌がらせを受け、病を得て亡くなっています。

この文章では、そんな于禁について書いています。

于禁

泰山に生まれる

于禁は字を文則ぶんそくといい、えん州の泰山たいざん郡・鉅平きょへい県の出身でした。

生年は不明となっています。

一八四年に黄巾の乱が発生すると、騎都尉きとい(官軍の指揮官)の鮑信ほうしんは、兵を募集しました。

于禁は鮑信と同郷だったのでこれに参加し、討伐に参加することになります。

于禁1

曹操への推薦を受ける

その後、董卓の台頭によって世が混乱に陥ると、鮑信は曹操に協力するようになりました。

やがて曹操は兗州を支配するようになりますが、黄巾の残党の襲撃を受けた際に、鮑信は曹操をかばって戦死してしまいます。

このため于禁は仲間を引き連れ、曹操に仕えることを申し入れました。

すると都伯とはく(隊長)に任命され、将軍である王朗おうろうに所属することになります。
(この将軍は、会稽太守を務めた王朗とは別人です)

于禁は王朗から高く評価され、その才能は大将軍を担えるほどだとして、推薦を受けました。

これを受け、曹操は于禁と面会して軍司馬に任命し、より多くの兵を任せることにします。

各地で活躍する

于禁は曹操に、徐州の広威こういを攻撃するようにと命じられましたが、これを陥落させるのに成功し、陥陣都尉かんじんといに昇進します。

また、兗州で曹操と呂布が争っていた時期には別働隊を率い、呂布軍の二つの陣営を攻め落としました。

それ以外にも、各地の戦いで敵将を打ち破り、陣地を陥落させる戦功を立て、曹操軍の中でも際立った存在となっていきます。

敵の夜襲を撃退する

曹操はある時、黄巾賊の劉辟りゅうへき黄邵こうしょうを討伐しようとしました。

すると黄邵は先手を打ち、曹操の陣営に夜襲をしかけてきます。

于禁は直属の部隊を率いてこれを迎撃し、黄邵を討ち取り、配下の者たちをみな降伏させる手柄を立てました。

于禁は危機を未然に防いだことを称賛され、平虜へいりょ校尉に昇進しています。

袁術の将軍たちを討ち取る

このころ、袁術は陳国を支配していたのですが、この地を曹操が討伐しようとすると、本拠の寿春に逃げ帰りました。

そして橋蕤きょうずいら四人の将軍を後に残し、曹操に対抗させようとします。

橋蕤たちは曹操軍を迎撃しますが、于禁はこれをおおいに打ち破り、四人の将軍を全て討ち取る活躍を見せました。

このようにして、于禁は図抜けた武力を発揮しています。

張繡の反乱に対処する

その後、曹操は宛を支配していた張繡ちょうしゅくの討伐にあたり、これを降伏させました。

しかし張繡は、曹操が叔父の未亡人に手を出したことに腹を立て、曹操の油断を見て反乱を起こします。

曹操は不利な状況におちいり、護衛の典韋てんいと息子の曹昂そうこうを失い、大きな打撃を受けました。

このために曹操軍は混乱し、それぞれが間道を抜けて移動しつつ、曹操の行方を探します。

于禁はこの時、数百人の部下を率い、追撃してくる部隊と戦いながら撤退しました。

この時に死傷者は出たものの、逃げ出す者はなく、于禁の統率力が優れていたことが示されています。

敵の追撃がゆるむと、于禁は隊列を整え、太鼓を鳴らして帰途につきました。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物