于禁 曹操の元で活躍するも、関羽に降伏して評価を下げた将軍

于禁は虞翻を称賛する

このようにして時間が経過するうちに、やがて曹操は死去し、曹丕が後を継ぎました。

そして曹丕が魏の皇帝になると、孫権は臣従を申し出たので、于禁は帰国できることになります。

この時に、またしても虞翻が孫権に意見を述べました。

「于禁は戦いに敗れ、数万の軍勢を失いながら、捕虜となり、節義を守って死ぬことがありませんでした。

北方の軍の慣例によりますと、そのような于禁が戻っても、軍律どおりに処刑することはないでしょう。

彼を送り返したところで損害はありませんが、罪人を解放することになります。

ですので彼をここで処刑し、臣下の身でありながら、忠義を守り通せなかった者がどうなるか、その見せしめとなさるべきかと存じます」

孫権はこの意見を採用しませんでしたが、于禁に対する世間の見方が現れた発言でもありました。

于禁が出発する際に、虞翻は「あなたは呉に人物がいないなどと、考えないでもらいたい。たまたま、私の意見が用いられなかっただけなのだ」と言います。

このようにして、于禁は最後まで虞翻に憎まれていましたが、魏に戻ると虞翻のことを称賛しました。

虞翻の発言やふるまいには筋が通っていたので、于禁はそれほど不快には感じていなかったようです。

なお、虞翻はやがて孫権に強く疎まれるようになり、辺境に追放され、そこで一生を終えました。

これほどまでに執拗に人を批判し続けると、やがては世に受け入れられなくなってしまうようです。

安遠将軍に任命される

于禁が魏に到着し、曹丕に謁見すると、ひげも髪も真っ白になっており、ほおがげっそりとやせこけていました。

降伏してから、呉で暮らしていた際に受けた心労は、とても大きなものだったようです。

于禁は涙を流し、頭を地に打ちつけて辞儀をしました。

すると曹丕は、荀林父じゅんりんほ孟明視もうめいしらの故事を持ち出し、于禁を慰めて安遠あんえん将軍に任命します。

荀林父や孟明視は、敵に敗れたり捕らえられたりしたものの、その後も戦いに起用された人物たちです。

このようにして、曹丕は寛容にふるまったのですが、しかしこれは見せかけでしかありませんでした。

病にかかって亡くなる

曹丕は于禁に、呉に使者として派遣するつもりだと告げ、先に曹操の陵墓を参拝するようにと命じました。

捕虜になっていたため、曹操の葬儀に立ち会えなかったからでしょうが、曹丕はこの時に、意地の悪いしかけを施しています。

曹丕は先んじて御陵の建物に、関羽が勝利し、龐徳が怒り、于禁が降伏している様子を絵にかかせていたのです。

于禁はそれを見ると、恥と腹立ちのために病にかかり、亡くなってしまいました。

于禁に大きな失態があったのは確かでしたが、それにしても、曹丕のやりざまは悪辣だったと言えます。

地位を与えて安心させてから、絵を見せて心をいたずらに傷つけるのは、とても立派な君主のふるまいだとは言えません。

ともあれ、こうして于禁は世を去り、子の于けいが後を継ぎ、益寿亭候に取り立てられています。

于禁にはこう侯とおくりなされましたが、この「厲」という字には「病む、虐げる、災い」などの意味があり、于禁は死後も辱めを受けたのでした。

于禁評

三国志の著者・陳寿は「于禁は将軍たちの中で、最も剛毅で重きをなしていた。しかし、最後までそれを貫くことができなかった」と評しています。

于禁は生涯に渡って曹操の元で戦功を立て続けましたが、関羽との戦いにおける一度の失敗によって、全ての名声を失ってしまうことになりました。

この結果からすると、龐徳と同じように、最後まで戦って戦死していた方がよかったのだと言えます。

曹操が失望したのは、普段の于禁の態度からして、危機に陥っても降伏することなどないだろうと、考えていたからなのでしょう。

それはおそらく魏の人々に共通する認識であり、その落差が于禁への評価を大きく下げることにつながりました。

高い評価を得ても、それをもたらした態度を最後まで貫き通せないと、評価の下落の幅が大きくなってしまうようです。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、無料で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売開始しました
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物