于禁 曹操の元で活躍するも、関羽に降伏して評価を下げた将軍

スポンサーリンク

青州兵を討伐する

于禁たちは曹操の居場所にたどり着く前に、その途中で傷を負い、武装をせずに逃げている十数人の兵士に遭遇します。

于禁が事情をたずねてみると、彼らは「青州兵に奪われたのです」と答えました。

これより前のこと、曹操は青州にいた黄巾賊を降伏させ、傘下に組み入れています。

この経緯から、彼らは「青州兵」と呼ばれました。

しかし、曹操が寛大にあつかったのをよいことに彼らはつけあがり、味方の兵からも略奪を行うようになっていたのです。

これを聞いた于禁は怒り、「青州兵は、同じく曹公に属する者に悪事を働くのか!」と述べ、青州兵を討伐しました。

青州兵たちは于禁の攻撃を受け、泡を食って逃げ出し、曹操に訴え出ます。

于禁もまた曹操の元に到着しますが、陣営を設けることを優先し、すぐに曹操に会おうとはしませんでした。

このため、「青州兵はすでにあなたのことを訴え出ています。すぐにとのの元に行き、事情をはっきりさせた方がよいでしょう」と忠告する人がいました。

于禁はこれに対し「いまは賊軍が背後に迫っている。追撃がくるまでさほど間がないだろう。まず備えをして、敵に対応しなければならない。そして公は聡明な方だから、偽りの訴えなど、何の役にも立つまい」と答えます。

そして塹壕を掘り、陣営を構築しおえてから、ようやく曹操に会い、事情を詳しく説明しました。

曹操はこれを聞くと喜び「いく水における敗北は、わしにとって重大な危機だった。将軍は混乱の渦中にあわてることなく、暴虐を討ち、よく守りを固めた。不動の節義を備えていると言うべきだ。過去の名将たちであっても、これほどではなかっただろう」と述べ、于禁を称賛します。

そしてこれまでの于禁の功績を取り上げ、益寿えきじゅ亭候の爵位を与えました。

このように、于禁は冷静かつ重厚な指揮官だったのでした。

袁紹との戦いで重要な役割を担う

于禁はその後、張繡を再び攻撃した際や、徐州で呂布を討伐した際にも戦功を立てています。

そして曹操が袁紹と戦いはじめると、敵は大軍でしたが、于禁は自ら先陣を担いたいと申し出ました。

曹操はその意気を買い、歩兵二千人を于禁に預け、延津えんしんの守備にあたらせます。

于禁がこの地で袁紹軍の攻撃を防ぐうちに、曹操は軍勢を引き連れて官渡に戻りました。

このころ、徐州は劉備に奪われていたのですが、配下の将を差し向けても勝利できないので、曹操は自ら討伐にあたることにします。

このため、曹操の陣営は手薄になりましたが、于禁が固く守り通したので、曹操が官渡を開けても、袁紹軍の追撃を受けることはありませんでした。

袁紹の別軍を打ち破る

その後、于禁は楽進がくしんとともに五千の兵を指揮し、各地の袁紹軍の別働隊を攻撃します。

于禁たちは延津から南西に移動し、きゅう獲嘉かくかの二県におもむき、そこで袁紹軍の陣地を三十ヶ所以上も焼き払いました。

この時、討ち取った敵が数千、捕虜にした者が数千もおり、袁紹軍の武将を二十人以上も降伏させる戦果をあげています。

それから別命を受け、次は原武げんぶに駐屯し、付近にある袁紹軍の陣地を攻撃し、こちらでも勝利を収めました。

これらの功績によって、于禁は将軍に昇進しています。

官渡の防衛にも力を尽くす

やがて曹操は官渡城に籠城するのですが、この時に于禁もまた、防衛戦に加わりました。

曹操は袁紹と互いに陣営を並べ、土を盛り、山を築いて対戦します。

袁紹は曹操の陣営の中に大量の矢を射かけたので、曹操軍の死傷者が増えていくばかりとなりました。

このため、曹操軍の士気が低下しましたが、于禁は土山の守備を担当し、力の限りに戦ったので、士気を盛り返すことができました。

やがて曹操が、袁紹軍の食糧が蓄えられている拠点を陥落させたことで、逆転勝利を収めます。

こうして戦いが終わると、于禁はへん将軍に昇進し、さらに立場が強まりました。

【次のページに続く▼】