文聘 荊州を守った忠義に厚い武将

スポンサーリンク

文聘ぶんへいあざな仲業ちゅうぎょうといい、荊州の南陽郡えん県の出身です。

劉表に仕える将となり、北方の防衛にあたっていました。

劉表は二〇八年に亡くなりましたが、すると子の劉そうが後を継ぎます。

この時期、曹操は荊州の征伐を行っていましたが、劉琮はかなわないと判断し、州を挙げて降伏することにしました。

この時、劉琮は文聘を呼び、行動をともにしようとします。

しかし文聘は「私は州を守ることができませんでした。ですので、罪を待つのが当然です」と述べ、従いませんでした。

文聘地図

曹操に起用される

曹操が漢江かんこう(荊州北部を流れる川)を渡ると、文聘はようやく曹操の元を訪れます。

曹操は「どうして遅れたのだ」と問いました。

すると文聘は「私は先日、劉荊州を補佐し、国家に仕えることができませんでした。
荊州は陥落しましたが、常に漢川を守り、領土を保つことを念願としてきました。
生きては若年の孤児(劉琮)に背かず、死しては地下におられる方(劉表)に恥じることがないようにと思っていましたが、計略はうまくいかず、ここにいたらざるをえませんでした。
実のところ、悲しみと慚愧ざんきの思いによって、早々にお会いすることはできなかったのです」と答えました。

そしてすすり泣き、涙を流します。

曹操は心を痛めた様子で、「仲業よ、おんみは真の忠臣である」と述べ、文聘を厚遇しました。

文聘は兵を授かり、曹純とともに劉備を長阪まで追撃する戦いに参加します。

江夏太守となる

曹操は先に荊州を平定していましたが、江夏こうかは呉と国境を接しており、民心が不安定になっていました。

このため文聘を江夏太守に任命し、北方の兵を指揮させ、呉との国境を守らせます。

この時に文聘は関内侯かんだいこうの爵位も与えられました。

関羽との戦いで活躍する

その後、赤壁の戦いを経て、荊州の南部は劉備の支配地となります。

そして関羽が曹操軍と対峙するようになりました。

文聘はこのころ、楽進がくしんとともに尋口じんこうにおいて関羽を攻撃し、功績を立てます。

そして延寿えんじゅ亭侯に爵位が上がり、討逆将軍の官位を加えられました。

また、漢津かんしんにおいて関羽の輜重しちょう(輸送隊)を攻撃し、荊城で船を焼き払うなどし、荊州の防衛に貢献しています。

曹丕の時代にも功績を立てる

曹操が亡くなり、曹丕が魏の皇帝になると、長安郷侯に爵位が上がり、仮節(軍事裁量権)も与えられました。

それから夏侯尚とともに江陵を包囲した際に、別軍を率いて沔口べんこうに駐屯します。

この時、石梵せきふうで敵の部隊と遭遇し、これを撃退して功績を立てました。

これによって後将軍となり、新野侯に封じられています。

また、孫権が自ら五万の兵を率い、石陽において文聘を包囲し、激しく攻撃をしかけてきたことがありました。

文聘は堅く守って動じなかったので、孫権は二十日あまりとどまったものの、やがて撤退しています。

文聘はこれに追撃をかけ、呉軍を撃破しました。

この功績によって五百戸を加増され、以前のものと合わせて千九百戸となっています。

やがて亡くなる

文聘は江夏に数十年に渡って駐屯し、威厳と恩徳を備え、名声は敵国にも響き渡り、賊(呉)はあえて侵入することがありませんでした。

これらの功績を受け、文聘の領地が分割され、子の文たいが列侯に取り立てられます。

また、甥の文こうが関内侯に取り立てられました。

文聘はやがて亡くなりましたが、壮侯とおくりなされています。

子の文岱が先に亡くなっていたので、文聘の養子の文休が後継者となりました。

文休が亡くなると、子の文武が後を継いでいます。

嘉平かへい年間(二四九〜二五四年)には、しょう郡出身の桓禺かんぐうが江夏太守になりましたが、清廉であり、かつ威厳と恩徳を備えており、その名声は文聘に次ぐものとなりました。

文聘評

三国志の著者・陳寿は「文聘らは州郡を鎮めて守り、威厳と恩恵を示した」と評しています。

文聘は忠義に厚かったことから、曹操からすぐに起用されて重要な役割を任され、それを生涯に渡ってまっとうしています。

戦場においては劉備軍や孫権軍を相手に幾度も功績を立てており、魏の良将の一人だと言えます。

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物