臧覇 東方で活躍した魏の将軍

スポンサーリンク

臧覇ぞうはは曹操に仕えて活躍した将軍です。

主に徐州・清州などの東方で活躍し、孫権との戦いでもいくたびか勝利しています。

義に厚く、将を束ねる力があったので、曹操から重用されました。

晩年は朝廷から警戒されることもありましたが、おおきな瑕疵はなく魏の高官として生涯をまっとうしています。

この文章ではそんな臧覇について書いています。

泰山に生まれる

臧覇はあざな宣高せんこうといい、泰山たいざん県の出身でした。

父は臧かいといい、県の獄掾ごくえん(刑務官)をしていました。

ある時、太守が勝手に人を殺害しようとしましたが、臧戒は法をたてにしてこれを聴き入れませんでした。

すると太守は大いに怒り、命令を出して臧戒を捕らえさせ、役所に連行させます。

この時、百人以上の者が護送にあたりました。

臧覇は十八才でしたが、数十人の食客を率い、費西ひせい山の山中で父を奪い返します。

護送者の中に抵抗する者はなく、臧覇は父とともに徐州の東海郡に亡命しました。

この事件によって、臧覇の勇壮さが評判となります。

臧覇地図

徐州で地位を得る

やがて黄巾の乱が発生すると、臧覇は徐州刺史(州長官)の陶謙とうけんに従ってこれを撃破しました。

そして騎都尉きとい(指揮官)に任命されます。

それから徐州で募兵にあたりましたが、孫観、吳敦ごとん尹禮いんれいとともに兵を集めると、臧覇が大将となり、開陽かいように駐屯しました。

曹操に起用される

その後、陶謙が病死すると、徐州は劉備が受け継ぎました。

しかしやがて、えん州から流れてきた呂布に奪われてしまいます。

それから曹操が劉備を支援し、呂布を討伐しましたが、臧覇らは兵を率いて呂布に味方しました。

しかしやがて、呂布は曹操に捕らえられてしまったので、臧覇は身を隠します。

曹操は臧覇を捜索させて連れてこさせ、面会しましたが、そこで臧覇のことを気に入りました。

そして臧覇に命じて仲間の吳敦、尹禮、孫観、そして孫観の兄の孫こうらを招き寄せると、彼らはみな曹操の元を訪れます。

曹操は臧覇を琅琊ろうや郡のしょう(統治者)に、吳敦を利城りじょう、尹禮を東莞とうかん、孫観を北海ほっかい、孫康を城陽の太守に任命しました。

さらには青州と徐州の二州を割き、臧覇に委ねます。

このことから、臧覇は曹操から高く評価されたことがうかがえます。

臧覇はそれほどに、将たちを束ねる能力が優れていたようです。

頼ってきた者たちの助命を申し出る

曹操は兗州を統治していた際に、徐翕じょきゅう毛暉もうきという者たちを将軍に任命していました。

その後、兗州が呂布の攻撃を受けて混乱すると、徐翕と毛暉は反逆します。

やがて曹操が呂布に勝利し、兗州が平定されると、徐翕と毛暉は臧覇を頼って亡命しました。

このような経緯があったので、曹操は劉備を介し、臧覇に二人の裏切り者の首を送ってくるようにと伝えます。

すると臧覇は次のように劉備に語りました。

「私がこうして自立していられますのは、頼ってきた者を裏切るようなことをしないからです。
私は曹公(曹操)から恩を受けて生命をまっとうしていますから、あえて命令を違えようとは思いません。
しかし、王者であり霸者である君主に対しては、義に基づいた言葉を述べることもできるとか。
願わくば、将軍(劉備)から取りなしていただけないでしょうか」

劉備が臧覇の言葉を伝えると、曹操は嘆息をして臧覇に言いました。

「このようなことは古人がよくしたというが、君がそうするのは、わしにとっても願わしいことである」

このように述べ、頼ってきた者を守ろうとする臧覇の行いを認めます。

そして徐翕と毛暉を郡守に取り立てました。

こうして臧覇は徐翕と毛暉を守ったのでした。

【次のページに続く▼】

スポンサーリンク
三国志 中国史

三国志の電子書籍のご案内

当サイトの管理人が制作した電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』を、Amazonのkindle storeで販売中です。
正史に基づき、劉備の誕生から蜀の建国、そして滅亡までの過程を描いています。

kindle unlimitedに登録されている方は、追加料金なし(0円)で読むことができます。 こちらのページで紹介文とサンプルが読めます。
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇』をkindle storeにて販売しています
電子書籍『正史に基づく三国志 蜀志篇へん』を、Amazonのkindle storeにて、販売開始しました。 これは三国志に登場する蜀しょくという国を作り、支えた人物たちについて書いた本です。 三国志は二つあり、まず蜀や晋しんに...
三国志 人物列伝 三国志に登場する人物たちの、列伝記事の一覧ページです 三国志 用語集 三国志に関連する用語集の一覧ページです
「歴史の読み物」の更新情報を受け取る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

更新お知らせメールマガジン

下記のフォームからメールアドレスを登録すると、サイトの更新情報を受け取ることができます。
メールは土曜日の12時に配信されます。
歴史の読み物