于禁 曹操の元で活躍するも、関羽に降伏して評価を下げた将軍

スポンサーリンク

樊城に援軍に向かう

二一九年になると、荊州の南部に駐屯していた関羽が北上し、はん城を攻撃してきました。

これを曹仁が迎え撃ちますが、曹操は于禁に対し、曹仁を助けるようにと命じます。

于禁が三万の軍勢を率いて出陣し、樊城に到着したころ、付近では長期に渡って雨が降り続いていました。

このため、近くを流れる漢水が氾濫し、平地にも大量に水がたまり、于禁ら七軍の陣地は、みな水没してしまいます。

于禁は諸将とともに高台に登り、水の様子を眺めましたが、避けることができそうな場所は見当たりませんでした。

そこに関羽が大船に乗って攻め寄せてきたので、于禁は抵抗できず、降伏します。

しかし一方で、将軍の龐徳ほうとくは最後まで抵抗を続け、関羽に降伏しようとはしませんでした。

于禁3

龐徳と比較される

龐徳の兄は漢中にいて、劉備軍に所属しています。

このため、龐徳は裏切るのではないかと疑われていたのですが、これを払拭するため、決して裏切らないし、敵には降伏しないと、戦いの前に誓っていました。

龐徳はこの誓いを貫き、関羽に捕縛されても降伏を受け入れず、処刑されています。

こうして龐徳が節義を守り通したことで、対照的に、降伏した于禁の評価が大きく下がることになりました。

曹操はこの話を聞くと、長く、悲しみのまじった嘆息をもらし「わしが于禁を知ってから三十年にもなる。危機に遭遇し、困難を前にして、龐徳におよばないことがあろうとは、思いもよらなかった」と言います。

于禁は普段から節義を重視する姿勢をとっていましたので、その落差もまた、于禁への失望につながったのでしょう。

于禁は魏軍の最上級にある将軍でしたので、だからこそ、範となるような態度を見せてほしかったという気持ちもあったと思われます。

呉に送られる

その後、関羽は曹操と孫権の連携策の前に敗れ、捕らえられて処刑されました。

孫権が関羽の攻撃に動いたのは、曹操からの要請があったからですが、一方では次のような事情もありました。

于禁の軍勢は大軍だったので、これを捕虜とした後、関羽は彼らの食糧の確保に苦慮します。

このため、呉との境界にある関所に蓄えられた食糧を、呉に無断で用いたのですが、孫権はこれを受け、関羽と敵対することを決断したのでした。

このようにして、于禁の行動が図らずも、呉の戦略に影響を及ぼしたのです。

関羽に降伏した後、于禁らは荊州の中部にある江陵こうりょうに送られていたのですが、この地もまた呉に占拠されます。

そして呉に連れ去られ、そこに住むことになりました。

虞翻にどなりつけられる

孫権は江陵にやってきた際に、于禁にかけられた縄をとくように命じ、自分の方から会見を申し入れ、丁重に扱っています。

それからしばらくして、孫権が馬に乗って外出した際に、于禁を招き、馬を並べて進もうとしました。

すると呉の臣下である虞翻ぐほんが、「降伏者であるおまえが、どうして我が君と馬を並べるのだ!」とどなりつけ、むちで于禁を打とうとします。

孫権が大声を出してそれを止めましたが、このようにして、于禁は虞翻からひどく嫌われていました。

また別の機会に、孫権が船上で宴会を催した際に、于禁が奏でられた音楽を聴いて涙を流すと、再び虞翻に非難されます。

「おまえはまた、そのようなふるまいをして、自分の過ちを許してもらおうなどと考えているのか」と言われました。

虞翻は敵に降った于禁の不実を、厳しく糾弾し続けたのです。

虞翻は正義感が強く、孫権に対しても遠慮なく批判をするので、煙たがられている人物でした。

ですので于禁に対しても、まったく遠慮なく、常にこのような態度を取ったのです。

これとは別に、関羽を裏切り、蜀から降った糜芳びほうに対しても、忠節や信義の心が欠けていることを批判していましたので、于禁だけが批判されていた、というわけではなかったようです。

【次のページに続く▼】